偽物か(ᅙωᅙ)ふっふっふ、スノボ竹内智香、6位で決勝トーナメント進出 パラレル大回転

1 :muffin ★:2018/02/24(土) 10:50:06.61 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WHJJGs6.jpg https://www.daily.co.jp/olympic/2018/02/24/0011013854.shtml
2018.02.24

「平昌五輪・スノーボードパラレル大回転女子・予選」(24日、フェニックス・スノーパーク)

 同種目でソチ五輪銀メダルの竹内智香(34)=広島ガス=は2本合計で1分32秒86とし、6位で決勝トーナメント進出を決めた。

 1本目は45秒00で全体4位のタイムを出した竹内は、2本目も冷静な滑りを見せ、きっちりと予選通過を果たした。

 予選は2本の合計タイムで上位16人が決勝トーナメントに進む。以後、並走する2人の勝者が次のラウンドに進む「ノックダウン形式」で行われ、1回戦、準々決勝、準決勝、決勝と4連勝した選手が金メダルに輝く。

https://daily.c.yimg.jp/olympic/2018/02/24/Images/f_11013858.jpg

関連スレ
【平昌五輪/スノーボード】竹内智香、金メダルなら大好物ハッピーターン5年分
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519251549/

Read more…

マジック$+$、テレ東が大杉漣さん出演「HANA−BI」25日放送

1 :湛然 ★:2018/02/24(土) 04:52:33.86 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/57oki8l.jpg [2018年2月23日23時45分]

テレ東が大杉漣さん出演「HANA−BI」25日放送

 テレビ東京は23日、21日に急性心不全のため亡くなった大杉漣さん(享年66)をしのび、出演した映画の中で代表作の1つとなった、北野武監督の97年「HANA−BI」を、25日午後2時から同局で放送すると発表した。

 大杉さんは「HANA−BI」で第22回日本アカデミー賞助演男優賞、第41回ブルーリボン賞助演男優賞などを受賞。北野監督にとっても、第54回ベネチア映画祭で最高賞の金獅子賞を獲得するなど、世界的な監督に飛躍した代表作で、2人にとってかけがえのない作品となった。

 テレビ東京は、大杉さんが出演中の連続ドラマで、制作にも深く関わった“遺作”「バイプレイヤーズ」(全5回)を放送中だが、「HANA−BI」の製作にも関わっていた。

大杉漣さんが出演した映画「HANA−BI」(C)1997 バンダイビジュアル・テレビ東京・TOKYO FM/オフィス北野
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/201802230000936-w500_0.jpg
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802230000936.html

Read more…

米軍F-16戦闘機まるで増槽ミサイルを投下したかのような騒ぎよう。コスモタイガーか、謎燃料タン#!

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/21(水) 17:47:42.11 ID:RZCVreIN0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/8GfaCVk.jpg http://img.5ch.net/ico/nida.gif
「冗談じゃない!」漁師怒り/小川原湖へ米軍機タンク投棄/船まで100メートル、「竜巻かと思った」Web東奥

 「冗談じゃない」「これからの漁に響く」。米軍三沢基地所属のF16戦闘機が20日、燃料タンクを投棄した青森県東北町の小川原湖。
湖では当時約100隻が出てシジミ漁の真っ最中だった。タンクが落下したとみられる付近では約5隻が操業。
一番近い漁業者は約100〜200メートルの距離にいたという。漁協に第1報を入れた同町の漁業山田正彦さん(52)は報道陣に憤りをあらわにした。

 山田さんは腰引き漁の最中、約400〜500メートル先の湖面に突然上がった水柱で異常に気付き、午前8時55分、漁協の事務所に「何かが落ちたようだ」と第1報を入れた。

 「高さ15メートル、幅10メートルはあった。氷結したとこから雪も舞い上がって、最初は竜巻かと思ったんだ」

 山田さんの船に同乗させてもらい現場付近に近づくと、湖面には油膜と、戦闘機から落下したとみられる複数の迷彩色の破片が浮遊。鼻をつく異臭が立ち込めていた。

 「人や船に被害はなかったが、現場の油がひどい。早急に何とかしてほしい。寒シジミ漁のいいところだったのに、冗談じゃない。もうちょっとずれていれば、仲間の船に落ちてたかもしれない」と山田さんは語気を強めた。

 小川原湖は全国有数のシジミの産地。昨秋からのシラウオ漁も佳境に入り、最盛期は過ぎたもののワカサギ漁も漁期という中で、漁協は全面禁漁という苦渋の決断に至った。同漁協職員の細井崇さんは「ちょうど寒シジミは流通量が少なく、高値での取引が期待できる時期。漁業者にとっては、経営的に非常に痛い」と肩を落とした。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6272936

Read more…

衝撃の結末にスキップ藤沢「信じられない」…カー娘、史上初の銅メダル、メスライオヾ(⌒▽⌒)ゞ

1 :久太郎 ★:2018/02/24(土) 23:30:36.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AIMPg6n.jpg 衝撃の結末にスキップ藤沢「信じられない」…カー娘、史上初の銅メダル

◆平昌五輪第16日 ▽カーリング女子3位決定戦 日本5—3英国(24日、江陵カーリングセンター)

 英国のまさかのミスで奇跡の銅メダルを獲得したスキップの藤沢五月(26)は、目が点になった。試合後、「私の最後のショットが良くなかったので、もう負けた〜と思って。相手のミスで決まったので、喜べなかったですけど。良かったです。まだ実感がなくて。信じられなくて。(メダルを)首にかけないと、まだ」と頬をつねそうな勢いだった。

 “もぐもぐタイム”などで後方支援に徹した本橋麻里(31)は涙ぽろぽろ。「みんなに感謝です。スタッフ、コーチ、選手、応援してくれた方たちにありがとうと言いたいです」と感無量の顔になった。サードの吉田知那美(26)も「言葉もなかったです。本当に信じられないという気持ち」と続けた。

 試合の展開は「思った以上に相手が守備的にきた」と藤沢。「流されないように、と声をかけてもらった。それが第8エンドに攻めるきっかけになれた」と振り返った。リードの吉田夕梨花(24)は「我慢する展開になるなと思っていた。試合自体は2時間半だったが、あっという間に過ぎました」と緊張から解放され、安堵(あんど)の表情。セカンドの鈴木夕湖(26)は「そんなに良くなかったんですけど、みんなに助けられました」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000259-sph-spo

Read more…