<鳥越俊太郎氏>2度のキスで“地獄を見た” 「(関係が)ないっていうのを証明するのは難しいじゃないですか」、やばい??

1 :Egg ★:2018/02/24(土) 12:06:23.18 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XRTIhs3.jpg ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(77)が22日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」に出演。
2016年の東京都知事選出馬の真相と選挙戦中に週刊文春に報じられた「女子大生淫行疑惑」について語った。

鳥越氏は当時、与党が国会での議席を拡大し、憲法改正の機運が高まったことに
「ヤバイな。日本はここまできたか」と懸念。タレント・石田純一(64)の出馬騒動もあり、

「何とかしなければ。手を挙げなかったら後悔する。自分の人生を後悔したくないからと思って、つい、うっかり言っちゃった」と出馬の経緯を説明した。
国政と関係ない都知事選だったが「東京都政がどうこういうより、日本の政治に“ちょっと待った”をかけたかった」と振り返った。

もっとも準備不足は否めず、「都政の問題点をしっかり研究して政策として打ち出す用意がなかった」という。
立候補会見で「何も政策を用意していないと正直に言ってしまった」ことなどで批判を受け、結果は小池百合子氏(65)に惨敗し、落選した。

また、選挙戦後半に“文春砲”を浴びたのも敗因に挙げられた。女子大生に「キスをした」「ホテルに誘った」と書かれた鳥越氏は
「(関係が)ないっていうのを証明するのは難しいじゃないですか。何を言っても言い訳にしかならない。それは分かっていた。仕方ない」と振り返った。

鳥越氏がキスで地獄を見たのは、これだけでなかった。「ファーストキスで地獄を味わったそうで」と話を振られると
「50年くらい前の話です。当時は現在のようにイケイケの時代ではなかった」として学生時代の恥ずかしい体験を告白した。

「結婚しようかなと思う女性がいて、鴨川にデートに行った。気分が高まって、初めてキスをしたんです。そうしたら、しびれたんです。
電流が流れるのは脳だけじゃなかった。下半身にも流れたんです。女性は分からないと思いますが、しびれて『ああ、イッちゃった』。射精しちゃったんです」

なんとキスだけで“暴発”してしまったのだ。
「若いから、それを相手に知られるのは恥ずかしかった」と当時の心境を明かした鳥越氏は「今日はこれで」と女性に告げ、ガニ股で帰ったという。

2018年2月23日 12時37分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/14342548/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/7/b7232_1399_15fd7235_053258e7.jpg

Read more…

ジャパンライフ事実上倒産 負債2千億円、6千人契約、中国共産党、BOY MEETS GIRL

1 :ノチラ ★:2017/12/26(火) 17:22:38.54 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/E4yNomW.jpg 磁気ネックレスの預託商法などを展開し、消費者庁から1年間に4回の一部業務停止命令を受けたジャパンライフ(東京)について、東京商工リサーチは26日、2回目の不渡りを出して銀行取引停止処分になり、事実上倒産したと発表した。負債総額は今年3月末時点で2405億円。

 消費者庁や会社の通知文などによると、7月末時点で契約者6855人、預託残高1714億円に上り、巨額の消費者被害になる可能性がある。

 ジャパンライフは購入した磁気治療器を別の顧客にレンタルするオーナーになれば、年6%ほどの収入を得られる「レンタルオーナー契約」という預託商法などを展開していた。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017122601001341.html

Read more…

もぐもぐタイム 「韓国のイチゴは、びっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした」LS北見、喜びの会見、偽物かな$+$

1 :金メダル ★:2018/02/25(日) 22:44:19.07 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YHrDLBs.jpg https://www.asahicom.jp/articles/images/c_AS20180225001347_comm.jpg

 3位決定戦で英国を破り、日本カーリング史上初めてメダルを獲得した女子日本代表のLS北見のメンバーが決戦から一夜明けた25日、平昌で記者会見し、スキップの藤沢五月は「最後の最後にメダルを取れたことで、私たちが今までやってきたというのが間違いでなかったということを証明することができた。すごくうれしい気持ちで一杯です」と喜びを語った。

 その戦いとともに注目を集めたのがハーフタイムの栄養補給、通称「もぐもぐタイム」。セカンドの鈴木夕湖は「もぐもぐタイムで一番私が好きなのは、イチゴ。韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした」。

 2010年に北海道北見市でチームを創設した本橋麻里主将も「何かのきっかけで見てもらえるのはうれしいこと。さらにのめり込んで戦術とかも私たちは練りに練っているので、注目してもらえるとありがたいです」と笑顔で振り返った。(榊原一生)

2018年2月25日16時45分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL2T4FXWL2TUTQP022.html

Read more…

口座開設や数字の処理はロボット化…AI導入でお払い箱になるメガバンク社員、ぐぬぬぬΣ( ̄□ ̄;)

1 :ムヒタ ★:2018/02/25(日) 03:04:50.38 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yu4pMzm.jpg 日本の労働人口は今後、減少していく。人材確保に悩む企業が増えるなか、猫の手ならぬロボットの手を借りる会社も出てきた。ロボットの導入を積極的に進める金融の関係者からは「数年後には会社から今の形の総務部がなくなるのでは」との声も聞こえてくる−−。

AIで効率化し、10年間で3万人分の業務を削減
2017年、メガバンクは大規模な構造改革に踏み込んだ。主力3行は人工知能(AI)などを活用して効率化をはかり、今後10年間で合わせて3万人分を超える業務を削減する計画を掲げている。超低金利政策の長期化が利ざやを圧迫しているほか、人口減少という問題も立ちはだかっているためだ。

人数で一番踏み込んだのはみずほフィナンシャルグループだ。バブル期の大量採用世代をターゲットに、26年度までに従業員数の4分の1を減らす方針を打ち出している。実数だと1万9000人に及ぶ。

三菱UFJフィナンシャル・グループは7年程度で9500人分の業務をAIなどで自動化を目指す。三菱東京UFJ銀行の三毛兼承頭取は「簡単な事務などはシステム化し、これによって解放される人的資源は顧客と向き合う業務や全体のプランニングをする付加価値の高い職務に回す」と説明する。

三井住友フィナンシャルグループもITの活用を進め20年度までに4000人分の業務の削減をはかる。グループ内のインフラの共有化や業務改革で、3年間で500億円、中期的に1000億円のコスト削減効果を見込む。

人事・経理・総務など「バックオフィス業務」の代行が得意
各行の業務改革の鍵を握るのは新技術RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。RPAとは人間の動きをロボットがコンピュータ上で再現する技術で、AIがロボットの頭であれば、RPAは手足にあたる。

日本RPA協会の笠井直人氏は「RPAとは言い換えればデジタルレイバー(仮想知的労働者)です。主に、人事・経理・総務といった“バックオフィス業務”の代行を得意とします。素早くロボットの動作を変えられるため、業務変化にも柔軟に応じることができるのが特徴です」と説明する。
以下ソース
2018.2.24 16:07
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180224/bse1802241607001-n1.htm

Read more…