も(*´ー`*)♡♡♡、在日や朝鮮人は「死」よりも、朝鮮民族の誇りが失われることを、恐れている

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yN7g6vM.jpg
高級牛肉のイメージが揺らいでいる。
脂肪が豊富な「霜降り肉」の代表格「A5」はグルメ番組でも依然として高価で美味(おい)しいともてはやされてはいる。が、消費者の味覚はすでに変わり始めている。

消費者の好みも変わってきた。
高齢化が進んだことや、脂肪分が多い肉より
赤身肉を食べたほうが体によいという
健康志向の高まりによるものだ。
2009年ごろからは「赤身ブーム」が起きた。
21世紀に入って以来、好みが霜降りから赤身へと移行する傾向は強まっている。
格之進の人気も、赤身肉へ消費者の嗜好が移っていることを示してもいる。

ただ、消費者の嗜好が変わりつつあるのに、生産者の変化はまだ鈍い。

画像
http://i.imgur.com/10DS7Ou.jpg

http://toyokeizai.net/articles/-/179161

Read more…

恥ずか(*゚∀゚)、ボーイスカウトに女子が加わり賛否両論。一方でガールスカウトは「女子専用」と主張し、男子拒否

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/H1ErkcB.jpg
ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)は11日、来年から最年少グループで7─10歳の少年が所属するカブスカウトに女子を受け入れるとともに、最終的に最高位である「イーグルスカウト」の称号取得を認めると発表した。

この歴史的転換は、家族や女子の要望を受けて理事会が全会一致で可決した。
来年発表されるプログラムでは、2019年から女子も11─17歳のグループであるボーイスカウトに参加し、男子と同様のカリキュラムをこなすことが認められる。

これに対し、ガールスカウトは、女子は女子のみの環境のなかでこそ力強く育つとし「われわれは女子の専門家だ」と表明した。

ソーシャルメディアに投稿された意見もおおむね否定的で、数百件の否定的な投稿の多くは、トランプ大統領の息子ドナルド・トランプJR氏の「おかしい。
これはガールスカウトの役割だと思った」というツイッター投稿に賛同する内容だった。

2000年以降、BSA会員数は約3分の1減っているが、女子受け入れについてBSAは家族の要望に応えたもので会員減少とは関係ないと主張している。
一方ワシントン・ポスト(WP)紙によると、ガールスカウトの幹部は8月、ボーイスカウトは会員数巻き返しを図るため女子受け入れに向け「秘密のキャンペーン」を行っていると非難していた。

このほかボーイスカウトは、今年1月に心と体の性が一致しないトランスジェンダーの受け入れを発表している。

米ボーイスカウトが女子受け入れを発表、最高位取得も認める
https://jp.reuters.com/article/boyscout-idJPKBN1CH062

Read more…

[恒例]洋楽 邦楽 ジャンル無し!お気に入りの名曲を貼っていくスレ、丸見えだよ(´▽`人‘▽’)

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DWAGYDK.jpg
http://natalie.mu/music/news/252622
ゲス乙女、indigo、DADARAYが沖縄に集結!川谷絵音主催イベント開催

2017年10月13日 18:00
川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End)が12月23日に沖縄・ナムラホールでライブイベント「絵音の誕生日から20日たったぜ▽Go!Go!Go!」を開催する。

650 B’way slow dancer
https://www.youtube.com/watch?v=exRW2aDsrCc1

Read more…

Googleが小型カメラを発表!「小さく目立たず人物を感知し、自動で撮影。シャッターチャンスを逃しません!」、びびび( ・_・)ノΞ

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YXpRThU.jpg
そして最後の最後にお披露目されたのが、Clipsという4.9センチ四方の小さなカメラでした。本体の厚みは1.2センチ程度です。同梱されているクリップ付きのケースに装着すれば、テーブルの上の何かや、手すりなどに留めることができます。

 そして、まったく新しいタイプのカメラとしてGoogle Clipsを紹介しました。

この最初の製品は、子供を持つ親や、ペットを飼っている人をターゲットにしてデザインしました。子供の自然な笑顔、最初に歩いたとき、最初のいたずらなど、多くのことを捉えることができます。Clipsにはシャッターボタンがあります。
しかし、それはこのカメラにとって重要なことではありません。自分もその瞬間を楽しみながら、これまでに撮ることができなかった写真を逃さずに撮ることができるカメラを作るために、
我々は、ソフトウエアから始めて、機械学習を活用して、このカメラを徹底的に見直しました。その機能のすべては、カメラのコアであるAIエンジンから始まります。

 ClipsはAIエンジンによって、ユーザー、家族、友人、ペットなど特定の対象を認識して、さらに重要だと判断した瞬間の前後を、7秒間の動画に自動的に記録します。

 これまでにも、一定の間隔で自動的にシャッターを切る、ライフログカメラと呼ばれる製品がありました。
例えば、襟元にクリップして使うスウェーデンのナラティブ社のClipは、30秒に一回シャッターを切り、1日に約2000枚の写真を記録します。
しかし、Google ClipsはAIがシャッターチャンスを捉えるのです。形も名前もそっくりなので、私も最初は驚きましたが、ライフログカメラとはコンセプトも機能もまったく異なるチャレンジングな製品でした。

日本メーカーに出して欲しかったカメラ
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10782
http://wedge.ismedia.jp/mwimgs/2/5/500/img_25d629c8482e3612212a4d014f383933717412.jpg

Read more…