貯金「1000万の壁」を越える人の共通点、高尾紳路、主演

1 :ノチラ ★:2017/10/16(月) 17:29:14.81 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/xn4neDk.png 十分な収入があっても、貯金ゼロの人がいる。なぜ貯められないのか。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔さんによれば、「貯蓄額には100万円、500万円、1000万円の壁がある」という。3つの壁を越えるには、どのような戦略が必要なのか。前回に続き、今回は最後の「U−1000万円の壁」をクリアするための方法を紹介しよう——。
いざ貯蓄 次なるステージは「U−1000万円の壁」

前回は、あなたの資産を増やしていくために乗り越えたい2つの壁「U−100万円の壁」と「U−500万円の壁」を紹介し、その乗り越え方をアドバイスしました。少し意識をしておかないとふたつの壁にはね返されて資産が増えていかないことが多いものです。口座管理のちょっとした工夫や積み立ての活用でぜひ壁を突破してください。

ふたつの壁を乗り越えた最後に待ち受けるのは「U−1000万円の壁」です。できればこの壁を越えてから定年退職を迎えたいわけですが、越えられずに終わってしまう人も少なくありません。

ある人は、「U−500」は何とか突破したものの、500万〜800万円程度を住宅ローンの頭金にして不動産を購入。別の人は、高校生や大学生となった子供の入学金、学費を納めていたらあっという間に「U−500」に逆戻り。そうした大口の出費があると、「1000万円」は遠のきます。「U−500」と「U−100」の間を行ったり来たりすることがあるように、「U−500」と「U−1000」の間で増減を繰り返すわけです。

▼「U−500」と「U−100」を行ったり来たりする人がすべきこと
しかし、老後のセカンドライフを見据えると、もう一度お金を貯める流れ・仕組みを作り直す必要があります。一般にセカンドライフスタートまでに老後資金として3000万円が目安になるといわれていますが、退職金や企業年金だけではその半分くらいしか期待できないのが現状です。中小企業の退職金相場は500万〜1000万円程度、上場企業の恵まれたケースでも2000万〜2500万円程度です。近年では退職金なしの会社も増えており、自社の条件は各自確認する必要があります。

「iDeCo」で所得税と住民税が毎年5万2500円も軽減
財形年金や個人型確定拠出年金(iDeCo)がある場合は、60歳まで下ろせない規制がむしろ「定年後の財産」として効果的に働きます。住宅を購入した世代(住宅購入までは住宅財形を使うことが多い)は積極的に使うといいでしょう。

特に個人型確定拠出年金は、掛金相当額については所得控除となるため、掛金の20%くらいを国が税免除したことになり、資産形成のペースを加速させる力になります。なお年収により課税率は異なり、高所得者ほど税率が高くなるため、お得度合いも増す仕組みです。

ここでiDeCoのメリットをおさらいしてみましょう。iDeCoの最大の利点は、月々の掛け金がすべて所得控除の対象になるということです。生命保険や個人年金に加入している場合も所得控除されますが、どちらも所得税で年間4万円、住民税で2万8000円が上限になっています。ところが、このiDeCoは、会社員(企業年金なし)の場合、最大で年間27万60000円分の控除を受けることができます。

私たちが国や自治体に納めている「所得税」や「住民税」は、会社員や公務員の場合、「課税所得」に一定の税率をかけて算出します。課税所得とは年収から給与所得控除、所得控除を差し引いたもので、金額は毎年の「源泉徴収表」に書かれています。

▼15年間で124万2000円が節税されて戻ってくる
iDeCoに加入している人は、1年分の掛け金がこの課税所得から全額控除されます。このため「課税所得」が減り、所得税や住民税も減ります。どれだけ減るのか。試算してみましょう。

課税所得が500万円の会社員の場合、税率はおよそ20%です。iDeCoの掛け金(拠出額)には上限があります。「企業年金なし」の会社員は月2万3000円、「企業年金あり」の会社員と公務員は月1万2000円、会社員の夫を持つ専業主婦は月2万3000円。自営業者は月6万8000円が上限です。

月2万3000円×12カ月で、掛け金は年額27万6000円になります。この額が「所得控除」されるため、27万6000円×0.2(税率2割)=5万5200円が、所得税と住民税の負担軽減分になります。所得税分は年末調整の還付金として(あるいは確定申告の還付金として)戻ってくるほか、住民税分は翌年度軽減された分だけ徴収されます。

たとえば45歳から60歳までの15年間で考えると、iDeCoの掛け金は合計で414万円になります。この分を「年金」として積み立てたうえに、さらに5万5200円×15年=78万7500円が節税されて戻ってくるということです。
以下ソース
http://president.jp/articles/-/23369

Read more…

も(*´ー`*)♡♡♡、在日や朝鮮人は「死」よりも、朝鮮民族の誇りが失われることを、恐れている

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yN7g6vM.jpg
高級牛肉のイメージが揺らいでいる。
脂肪が豊富な「霜降り肉」の代表格「A5」はグルメ番組でも依然として高価で美味(おい)しいともてはやされてはいる。が、消費者の味覚はすでに変わり始めている。

消費者の好みも変わってきた。
高齢化が進んだことや、脂肪分が多い肉より
赤身肉を食べたほうが体によいという
健康志向の高まりによるものだ。
2009年ごろからは「赤身ブーム」が起きた。
21世紀に入って以来、好みが霜降りから赤身へと移行する傾向は強まっている。
格之進の人気も、赤身肉へ消費者の嗜好が移っていることを示してもいる。

ただ、消費者の嗜好が変わりつつあるのに、生産者の変化はまだ鈍い。

画像
http://i.imgur.com/10DS7Ou.jpg

http://toyokeizai.net/articles/-/179161

Read more…

美形だが(´▽`人‘▽’)、<テレ朝・大下容子が“証明”した!>「フジは女子アナを顔で採用」説!

1 :Egg ★ :2017/10/16(月) 15:57:56.70 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7B1RcwP.jpg 1980年代後半、八木亜希子、有賀さつき、河野景子を売り出して女子アナブームを作り出したフジテレビ。アイドル顔負けのルックスをした新人を次々と採用し、「フジテレビは女子アナを顔で選んでいる」と言われたこともあった。その説が2017年の今、テレビ朝日の大下容子アナによって「証明」されることになってしまった。

 大下アナは10月10日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演。司会の黒柳徹子から局アナの入社試験について聞かれると、「フジテレビは1次面接にすら行けなかった」と明かしたのだ。

「1次面接に行くには、書類とともに、写真選考を突破しないといけません。つまり大下はルックスで不合格にされた可能性が少なくないということになります。やはりフジは顔で選んだと言っていいでしょう。少なくとも他局よりルックスを重視していたのは間違いありませんよ」(女子アナ評論家)

 大下はフジは落ちたもののテレ朝に採用され、今では同局の看板アナへと成長した。

「番組で大下が明かしたところによると、テレ朝の入社試験で彼女はエントリーシートに英語ができると書いたそうです。すると面接の時に面接官から英語で質問され、しどろもどろになったとか。それでもみごと合格。後に『笑ったことが素直でよかった』と評価されたと聞かされたそうです」(前出・女子アナ評論家)

 大下の今の活躍を見ると、テレ朝のほうがアナウンサーとしての実力については、見る目があったということかもしれない。

アサ芸プラス2017年10月16日09時59分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_90847/?ptadid=

Read more…

恥ずか(*゚∀゚)、ボーイスカウトに女子が加わり賛否両論。一方でガールスカウトは「女子専用」と主張し、男子拒否

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/H1ErkcB.jpg
ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)は11日、来年から最年少グループで7─10歳の少年が所属するカブスカウトに女子を受け入れるとともに、最終的に最高位である「イーグルスカウト」の称号取得を認めると発表した。

この歴史的転換は、家族や女子の要望を受けて理事会が全会一致で可決した。
来年発表されるプログラムでは、2019年から女子も11─17歳のグループであるボーイスカウトに参加し、男子と同様のカリキュラムをこなすことが認められる。

これに対し、ガールスカウトは、女子は女子のみの環境のなかでこそ力強く育つとし「われわれは女子の専門家だ」と表明した。

ソーシャルメディアに投稿された意見もおおむね否定的で、数百件の否定的な投稿の多くは、トランプ大統領の息子ドナルド・トランプJR氏の「おかしい。
これはガールスカウトの役割だと思った」というツイッター投稿に賛同する内容だった。

2000年以降、BSA会員数は約3分の1減っているが、女子受け入れについてBSAは家族の要望に応えたもので会員減少とは関係ないと主張している。
一方ワシントン・ポスト(WP)紙によると、ガールスカウトの幹部は8月、ボーイスカウトは会員数巻き返しを図るため女子受け入れに向け「秘密のキャンペーン」を行っていると非難していた。

このほかボーイスカウトは、今年1月に心と体の性が一致しないトランスジェンダーの受け入れを発表している。

米ボーイスカウトが女子受け入れを発表、最高位取得も認める
https://jp.reuters.com/article/boyscout-idJPKBN1CH062

Read more…

<東国原氏>レギュラー出演「ゴゴスマ」の「ミヤネ屋」視聴率超えを称賛!「不撓不屈の努力の賜物」、たまに声だ$+$

1 :Egg ★ :2017/10/12(木) 12:49:41.86 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZWsiBH7.jpg 元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が自身のツイッターを更新し、水曜レギュラー出演しているTBS系「ゴゴスマ」(月〜金曜・午後1時55分)の今月4日放送が裏番組の日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月〜金曜・後1時55分)を視聴率で抜いたことを明かした。

 東国原氏はツイッターで「先週の水曜日(10月4日)の関東に於ける視聴率が、裏番組の読売テレビ(日テレ系)「ミヤネ屋」を初めて抜いたらしい。スタジオの前に花が飾られ、水曜出演者で写真撮影(笑)」と明かし、「「ミヤネ屋」の牙城は相当高かったのだろう。「悲願達成!」みたいな雰囲気だった。人生は良い時も悪い時もある。それらに一喜一憂せず、これまでと同じように謙虚に、チャレンジ精神を忘れず、地道に愚直に粛々と番組制作に取り組む事が大切ではないかなと思う」と連続ツイートした。

 その上で「この結果は、偏に、スタッフ・関係者等のこれまでの不断の創意工夫、不撓不屈の努力等の賜物だと思う。番組スタッフ・関係者等に心からお祝いを申し上げると共に更なる精進を期待するものである」と番組スタッフを讃えていた。

 ビデオリサーチの調べでは4日の関東地区の平均視聴率で「ゴゴスマ」は5・4%、「ミヤネ屋」は4・7%だった。

10/12(木) 7:59配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000065-sph-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171012-00000065-sph-000-4-view.jpg

Read more…