ヴィブロス、競馬の競走格付け、会場近くに「慰安婦像」…政治利用禁じた五輪憲章の精神どこへ

1 :久太郎 ★:2018/02/23(金) 17:04:07.64 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Dpm10g0.jpg 【平昌五輪】会場近くに「慰安婦像」…政治利用禁じた五輪憲章の精神どこへ

「平和の像」。平昌(ピョンチャン)冬季五輪の氷上競技会場がある江陵(カンヌン)のオリンピックパーク北側にある「鏡浦(キョンポ)湖」の周りを歩いていると、英語と韓国語でこう書かれた碑文を見つけた。隣にあったのは、いすに座った少女の像。いわゆる慰安婦像だ。

 平昌五輪の開催が決まった後の2015年8月5日に市民団体が立てたもので、大きさはソウルの日本大使館前にあるものと同じ程度。像の首には黄色いマフラーや花飾りがかけられていた。

 鏡浦湖は江陵でも有名な観光地で、ほとりにある展望台から夜に湖面を見ると、月が湖に映り込む幻想的な光景が楽しめることで知られる。像はオリンピックパークから数キロ離れた反日独立運動の英雄をたたえる「3・1運動万歳記念公園」の中にあり、徒歩でも15〜20分で着く距離だ。

 IOC(国際オリンピック委員会)が定める五輪憲章は「いかなる政治的宣伝活動も禁止」としている。五輪開催地となり注目が集まるなか、地元報道では、像の除幕式で市長が花飾りをつける様子が報じられた。

開会式では、北朝鮮の応援団が島根県の竹島(韓国名・独島)が入った「統一旗」を振っていた。韓国政府が民間に限りこの旗の使用を認めたため、会場周辺で韓国人市民団体が「独島入り統一旗」を振る姿が見られた。

 スポーツの祭典である五輪。その開催地なら、「いかなる種類の政治的な宣伝活動は認められない」との五輪憲章にのっとるべきではないのか。静かにたたずむ像を前に、そう感じた。

(桑村朋、写真も)

http://www.sankei.com/west/news/180223/wst1802230062-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/180223/wst1802230062-n2.html

写真
http://www.sankei.com/west/photos/180223/wst1802230062-p1.html

Read more…

ビビる大木、芸能界一!ジョン万次郎好き「竜馬とかに比べて扱いが小さい」、阪神競馬場、ヘイロー

1 :たんぽぽ ★ :2018/02/24(土) 19:26:38.67 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/rcxzzZz.jpg https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000181-sph-ent
スポーツ報知

 タレントのビビる大木(43)が24日、都内で行われた「第9回高知家ふるさとミーティング」に出席した。

 高知県の魅力について語り合うイベント。芸能界随一の歴史好き(特に幕末期)として知られ、好きが高じた結果、高知県土佐清水市にある「ジョン万次郎資料館」の名誉館長にも就任している大木は「いやいや(坂本竜馬を崇拝する)武田鉄矢さんがいますから、芸能界一なんて簡単には言えませんよ」と恐縮。さらに「名誉館長も『そんなに好きなら名誉館長やりますか』って言われて。意外と簡単に決まってしまうんだなと思いました」と振り返った。ジョン万次郎の魅力について「本人にその気がなかったことですね、漂流して帰ってきたら『あいつ、やべーよな』ぐらいに最先端の人になっていた。竜馬とかに比べて扱いが小さいんじゃないですかね?」と熱弁した。

 放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の原作を執筆した直木賞作家の林真理子さん(63)も出席。同ドラマでは坂本竜馬のキャスティングがどうなるかが注目されているが、もう具体名を耳にしているようで「うかつなことは言えないけど、みなさんが大喜びする方じゃないかなと思います」と大物が起用される可能性を示唆していた。

Read more…

「ずっと妹を超えることが夢だった」高木菜那 巧みな駆け引きで2冠の偉業、阪神競馬場、J2リーグ

1 :金魚 ★:2018/02/25(日) 12:00:23.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/NFWZcWZ.jpg  高木菜那が巧みな駆け引きで大柄な外国人選手たちを翻弄し、団体追い抜きに続く金メダル獲得の快挙を成し遂げた。

 号砲とともに選手たちが一斉にスタート。マススタートでは、接触、転倒による危険を防ぐため、最初の1周は加速が禁止されている。
緩やかな速度で始まるが、小柄な高木は押し出されるように集団の後方へ。2周目からはエストニアの選手が先頭に大きく飛び出すも、空気抵抗を避けるため前には出ず、
列の中盤で冷静にペースを保った。

 レース中の獲得ポイントの合計を競うマススタートでは、途中の順位に応じて中間ポイントが与えられるが、
ゴール時の着順ポイントが圧倒的に多いため、決勝では選手たちは1位でゴールすることを目指す。

 勝負の終盤。最後の4周に入ると、するするっと順位を上げて先頭集団に。
ラスト1周の鐘が鳴り響いた前後、これまで蓄えていた力を全て出すように腕を大きく振ってギアを上げる。
最終カーブで内側から先頭の選手を抜き去ると、そのままトップで逃げ切った。

 レース後のインタビューでは「最高のオリンピックにできたので本当に良かった」と笑顔がはじけた。

 一方で安倍晋三首相も偉業を受け、「おめでとうございます!パシュートに続いての2個目の金メダルは、歴史的な快挙。
ラスト1周の瞬発力は、圧倒的でした!」と写真共有アプリ「インスタグラム」に祝福のメッセージを投稿した。

 小さい頃から注目を浴び続けてきた妹の美帆(23)に勝つことを目指してきた。高校時代の高木を指導した東出俊一さん(61)は、
この金メダルが美帆を上回る2個目となったことを挙げ、「ずっと妹を超えることが夢だったから、それがかなったので良かった」と語った。

http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180225/pye1802250008-n1.html

関連スレ

【平昌五輪】高木菜那「妹に嫉妬していた」「転べって思った」時間はかかったが、心を通わせあった姉妹で金メダル★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519295031/

【平昌五輪】高木菜那が新種目マススタートで金メダル! 2個めの金メダルは船木以来20年ぶりの快挙★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1519482267/

Read more…

伊勢市「伊勢神宮の近くにイスラム教徒の礼拝所を作るわ」、ベガルタ仙台、ホーム・アンド・アウェー

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/24(土) 14:14:16.70 ID:MuHpvCfZ0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AU9HTqD.jpg http://img.5ch.net/ico/pc3.gif
 三重県伊勢市の伊勢神宮内宮近くに来年夏、市がムスリム(イスラム教徒)の礼拝場所をつくる。アジアのイスラム圏からの
観光客増加に対応するため。市の担当者は「礼拝場所を探す不自由なく、伊勢観光を楽しんでもらいたい」と話す。

 礼拝場所は、内宮や周辺の観光施設に近い観光案内所の一部を改修してつくる。約3メートル四方で、床に礼拝用マットを敷き、
天井にはメッカの方向を示す表示をする。手足を清める洗い場も取り付ける。改修費用は、数百万円の見込み。

 市内の公共施設への礼拝場所設置は初めて。礼拝に使わない時は、ムスリム以外の旅行者も授乳などで利用できるようにする。

 アジアのイスラム圏から伊勢市を訪れる人は増加傾向にある。市によると、伊勢市駅観光案内所を訪れたインドネシア人は
2016年15人、17年62人。マレーシア人は16年110人、17年131人だった。(荻野好弘)
https://www.asahi.com/articles/ASL2P5746L2PONFB00Q.html

Read more…

ファジアーノ岡山FC、金沢市、ビビる大木、芸能界一!ジョン万次郎好き「竜馬とかに比べて扱いが小さい」

1 :たんぽぽ ★ :2018/02/24(土) 19:26:38.67 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/xboAWTt.png https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000181-sph-ent
スポーツ報知

 タレントのビビる大木(43)が24日、都内で行われた「第9回高知家ふるさとミーティング」に出席した。

 高知県の魅力について語り合うイベント。芸能界随一の歴史好き(特に幕末期)として知られ、好きが高じた結果、高知県土佐清水市にある「ジョン万次郎資料館」の名誉館長にも就任している大木は「いやいや(坂本竜馬を崇拝する)武田鉄矢さんがいますから、芸能界一なんて簡単には言えませんよ」と恐縮。さらに「名誉館長も『そんなに好きなら名誉館長やりますか』って言われて。意外と簡単に決まってしまうんだなと思いました」と振り返った。ジョン万次郎の魅力について「本人にその気がなかったことですね、漂流して帰ってきたら『あいつ、やべーよな』ぐらいに最先端の人になっていた。竜馬とかに比べて扱いが小さいんじゃないですかね?」と熱弁した。

 放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の原作を執筆した直木賞作家の林真理子さん(63)も出席。同ドラマでは坂本竜馬のキャスティングがどうなるかが注目されているが、もう具体名を耳にしているようで「うかつなことは言えないけど、みなさんが大喜びする方じゃないかなと思います」と大物が起用される可能性を示唆していた。

Read more…