蓮舫氏「希望の党、立憲民主党、無所属」三つ股で応援行脚、演説時間は全て「安倍政権」批判へ、グッさあ!!

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GlA7SMx.jpg
民進党の蓮舫前代表(49)は衆院選公示日の10日以降、「希望の党」「立憲民主党」「無所属」の三つ股をかけての応援行脚をしている。
12日夜は、東京足立区の東武伊勢崎線西新井駅前で、東京13区から立憲民主党の公認候補として出馬した新人の北條智彦氏(34)を応援。「
私が最も一緒にやりたいと思っている若い力!」と絶賛し、約300人の聴衆に支持を呼び掛けた。

 蓮舫氏は「私は今も民進党の国会議員です。今まで私たちが訴えてきた声、掲げてきた思い、ぶれずにこの選挙で応援したいから志を共にする
仲間だけを応援する選挙にさせて頂きたい」と自らのスタンスを説明した。

 約15分間の演説の大半は、安倍政権批判に割き、その矛先は森友学園問題に関与した安倍昭恵夫人(55)にも向けられた。
「公示日、安倍昭恵さんが総理の代わりにマイクを持って訴えました。『主人にこの国の大きな仕事をさせてもらいたい』と。自分の旦那を支持し
てもらいたいというのであれば、まず自分が間違えてないと説明することこそが総理夫人の仕事ではないでしょうか!」と訴えた。また安倍首相が「妻はだまされた」
と釈明したことに触れて「だまされたのは国民だと私は言いたい!」と声を張り上げ、聴衆から喝采を浴びた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000175-sph-soci

Read more…

<RADWIMPSのボーカル野田洋次郎>衆院選についての考えを明かす!「『選挙の時だけ良い事言う感』がより強い」、グッさあ!!

1 :Egg ★ :2017/10/10(火) 18:47:50.77 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/p9NPsAj.jpg  人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカルで俳優としても活躍する野田洋次郎(32)が、10日に公示された第48回衆議院議員選挙について、9日、公式ツイッターで「全体的に『選挙の時だけ良い事言う感』が今回はより強い」などと考えを述べている。

 野田はファンの質問に答える形で、「今回はいつにも増してよくわからないね、たしかに。似通った主張の勢力がなぜか対抗軸として描かれてるけどこれって一緒になっていいんじゃないの?という気持ち。左派やリベラルの主義が弱く根本の対立軸になれてないのも残念。全体的に『選挙の時だけ良い事言う感』が今回はより強い。」と、今回の選挙戦に疑問符。

 自身にとっての「リベラル」の意味合いを聞かれると「日本ではそもそもグラグラしてると思います。意味合いが。」と指摘した。

 政治家については「中には良い人もいるんだろうけど見分けが何しろつかないな というかもう別に悪い人でもいいんだよな 騙すんだったら最後まで騙しきってほしい しっかり 下手こかないでほしい」と、シニカルな見方を隠さず。

 また、「政治家とか〜なんで君たちそんなにうさんくさい〜の〜と思ってるけどそういう歌を出す予定はありません。」と、政治的な意見と音楽表現には線を引いている。

10/10(火) 18:43配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000127-dal-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171010-00000127-dal-000-2-view.jpg

Read more…

広瀬すず、高校卒業後初の制服姿に「可愛い」の声止まらず、グッさあ+#+

1 :ストラト ★:2017/10/09(月) 21:33:25.87 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ctoIUMj.jpg 女優の広瀬すずが9日、都内にて開催された映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』恋愛応援スペシャル試写会に、共演の竜星涼、森川葵、健太郎らとともに登壇した。

この日、劇中の制服姿で登場したキャスト。
今年3月の高校卒業後、初制服という広瀬は「もうどうしましょうって感じですね。恥ずかしいですね」と照れ。
この日、集まった160人の女子高生から「可愛い」と大歓声を浴びると「こんなに私、元気だったかな?わりと“スンッ”ってしてました。友だちといる時は盛り上がるんですけど。なんかいいですね女子高生って。なんか元気もらえます」とニッコリ笑顔を見せた。

広瀬すず、やってみたい役は?

また同作中でやってみたかった役を問われると、広瀬は「伊藤先生」とあげ「私、わりと自分が(相手を)好きっていう役柄が多いんです。そこが難しくて苦戦しています。なので自分は何もせず、周りの動きや環境で自分が変化する役柄をやってみたい。いつも自分から動く積極的な強い女の子が多いので、そういう(伊藤のような)役もやってみたい」と目を輝かせた。

『先生!、、、好きになってもいいですか?』

同作は、累計発行部数570万部突破、1996年から2003年まで別冊マーガレット(集英社)で長期連載したコミック「先生!」(作・河原和音氏)を『陽だまりの彼女』『ホットロード』『僕は明日、昨日のきみとデートする』と立て続けにヒット作を手がける、三木孝浩氏が実写映画化。
テーマは「教師と生徒の純愛」。
大人と子ども、教師と生徒、本音と建前、様々な思いが交錯する中、不器用で純粋すぎる伊藤(生田)と響(広瀬)の“じれったい恋”が描かれる。

http://mdpr.jp/cinema/detail/1720066

映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』恋愛応援スペシャル試写会 広瀬すず
http://cdn.mdpr.jp/photo/images/c7/c43/w700c-ez_70962ceb5d7b02c55cfdbc70e78feda05ba4d60f7b1fdea3.jpg
http://cdn.mdpr.jp/photo/images/3b/12a/w700c-ez_d2c8cafd059c9c3c5572d76a145f34aafc25c5e3daffa1c1.jpg
http://cdn.mdpr.jp/photo/images/26/039/w700c-ez_8ccf50594a0b2a496de144d8400a2c83cdf77590aea5dbcc.jpg
(左から)健太郎、広瀬すず、竜星涼、森川葵
http://storage.mantan-web.jp/images/2017/10/09/20171009dog00m200020000c/015_size10.jpg

Read more…

グッさあ+#+、大阪10区、維新と自民の相打ちで辻元の当選濃厚へ なぜ人は同じ過ちをくり返すのか

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Ytt4EpN.jpg
 前職3人が立候補した大阪10区(高槻市、島本町)。民進を離党し立民に合流した辻元清美氏(57)と維新の松浪健太氏(46)は、これで5度目の対決だ。
前回比例復活した自民の大隈(おおくま)和英氏(48)には公示前から小泉進次郎・筆頭副幹事長が応援に駆けつける自民の重点区で、
「自民・公明」「希望・維新」「共産・立民」の3極が争う今回の衆院選を象徴する選挙区となった。

 「排除と分断から、包摂と対話の『まっとうな政治』を取り戻す」。辻元氏は午前8時半すぎ、高槻市の阪急高槻市駅前で第一声。
支持者から「がんばれー」と声援が送られる中、車に乗り込んだ。

 前回、府内の民主党候補で唯一の選挙区当選を果たした辻元氏。今回、いったんは無所属で出馬する意向を示したが、
枝野幸男氏から要請を受け、立民に加わった。だが、タスキに党名の記載はなく、名前のみだ。

 大隈氏は午前9時ごろ、高槻市役所前でマイクを握り、北朝鮮のミサイル問題などを前提に「目の前の脅威、平和への危機にしっかり備えなければならない」と強調。
「国を守り、全ての面で命を守る政治の実現を」と自公政権への支持を呼びかけた。

 辻元氏と交互に選挙区当選を果たしてきた“宿敵”、松浪氏も同市役所前に立ち、「共産党と組む立憲民主か、維新か。
どちらがこれからの野党のメインストリームになるかが問われている」と強調。
「右でもなく左でもなく、前に進める改革。これこそが次の日本の在り方だ」と声を張り上げた。

http://www.sankei.com/smp/west/news/171010/wst1710100033-s1.html

Read more…

<松本人志>「ケツバット」廃止報道を否定!「どえらいガセなや」(原文ママ)、グッさあ+#+

1 :Egg ★ :2017/10/06(金) 07:36:20.48 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/u2OZa8r.jpg 5日、ダウンタウンの松本人志が自身のTwitterアカウントで、一部で報じられた「ケツバット」廃止の報道を否定した。

ガキ使SP罰ゲーム。ケツバット廃止か。って どえらいガセなや
東スポ。

— 松本人志 (@matsu_bouzu) 2017年10月5日

投稿では松本が「ガキ使SPの罰ゲーム『ケツバット』廃止か」と、一部スポーツ紙が5日に報じた記事のタイトルを引用した格好だ。

5日に配信された記事では、ダウンタウンの年末特番である「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけない』シリーズ」(日本テレビ系)で、恒例となっている、出演者の罰ゲームであるケツバットについて、いじめ助長につながるとの懸念から自粛、企画変更を迫られていると報じられていた。

松本は投稿で、この報道について「どえらいガセなや」(原文ママ)と、完全に否定している。

2017年10月6日 6時18分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13710711/

Read more…