明石家 さんま、新宿区、<カーリング女子が銅メダル>友情応援の“大韓声”届いた!ファンからは日韓定期交流戦の開催を望む声も…

1 :Egg ★:2018/02/25(日) 06:12:03.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/82byhLi.jpg 平昌五輪カーリング女子日本代表は24日、江陵カーリングセンターで英国代表と3位決定戦を行い、5対3で劇的勝利し、初のメダルとなる銅メダルを獲得した。会場には日本から大勢の応援団が駆け付けて日の丸を振るなか、前夜の韓国代表との大熱戦に感動して見に来たという韓国人も少なからずいた。国境を超えて感動を共有できたムードが広がっている中で、ファンからは日韓定期交流戦の開催を望む声も上がった。

 劇的勝利が決まった瞬間、会場は大歓声に包まれた。客席では日の丸が揺れた。

 日本カーリング史上に残るこの日、江陵市には2月初めての雪が降っていた。スキー競技が行われている平昌郡と違って、海に面した江陵市での降雪は珍しい。ソウルから来たという自営業の朴俊哲(パク・ジュンチョル)さん(42)夫妻は、雪の中で30分並んで当日券を買ったという。「お目当ては韓国対スウェーデンの決勝(25日)ですが、日本の試合も見ようと思って来ました」

 同じくソウルから来たという別の30代の夫婦は、たまたま予約して買ったチケットが日本戦になったという。「昨夜あれだけ素晴らしい試合をしたので結果的には当たりです。藤沢五月選手を見ると(女優の)パク・ボヨンというより、フィギュアスケートの浅田真央さんを思い出します。かわいらしさが似ている」と話し、日の丸を振り、銅メダルを見届けた。

 応援団の大半は日本人だった。岐阜から来たという40代の男性は「大一番なので」と小学2年生の男の子を連れて、1泊2日の強行軍で観戦。2階席にはストーン形の帽子をかぶって大きな日の丸を振っている夫婦の姿も。新潟県カーリング協会の河原崇さん(45)と明美さん(45)だった。「どうしてもメダルを取るところを見たくて(前日の)日韓戦と合わせて2試合の観戦です。チームワーク、気力、体力すべてが充実した試合を見せてくれていると思います」と話した。

 応援団の中には、熱戦を見せた吉田知那美(26)、夕梨花(24)姉妹の母・富美江さん(58)の姿もあった。「ソチ五輪の時は先輩たちがドンと構えていた。(今は)試合っぷりが堂々としていますね」と成長ぶりに頼もしげ。「泣いても笑っても最後の試合。やはり最後はガッツポーズで終わってほしい」という願いを娘たちは見事にかなえた。

 日本から来たファンの中には閉会式がある25日に行われる韓国対スウェーデンの決勝戦を見てから帰る予定という人は多い。日韓両国を応援したいという韓国代表の本拠地、慶尚北道義城郡の40代の男性は「日韓で交流戦をやって磨き合えば、両国にとってプラスになると思う」と話す。義城郡の名産はにんにく。「LS北見」の本拠地、北見市が生産量日本一を誇るのはタマネギだ。友好関係が深めていけそうな気がしてならない。

2/25(日) 6:04配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180225-00000041-sph-spo

Read more…

長友佑都に称賛の嵐…トルコメディア「ファンのアイドル」「ガラタサライの侍」「今季終了後イタリアに戻ってしまう・・・」、夫婦、マンチェスター・ユナイテッドFC

1 :れいおφ ★:2018/02/18(日) 17:53:21.64 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/J8NE5nZ.jpg ガラタサライDF長友佑都に対する称賛が止まらない。
トルコ情報サイト『LIGA Blatt』が、日本代表DFの特集を組んでいる。

1月の移籍市場最終日に、7年過ごしたインテルを離れ、期限付き移籍でガラタサライに加わった長友。
すると、ファティ・テリム監督の信頼を勝ち取り、加入後3試合連続で先発出場を果たしている。

この活躍に、『LIGA Blatt』は「ユート・ナガトモ:テリムの新たな信頼できる男」と題し、特集を組んでいる。

「通常、最終日の移籍は期待できないものだ。しかし、ユート・ナガトモは事情が違う。
新たな左サイドバックは、わずか2週間でイスタンブールに不可欠な存在となった」

そして、日本代表DFは「真のプロフェッショナル」と絶賛している。
「これは、どんな練習でも手を抜かない彼のメンタリティによるものだ。
ナガトモは真のプロフェッショナルである。インテルで7年間を過ごした後、新たな競技場を探していたのである」

「我々にとって唯一残念なのは、この日本人が今季終了後にイタリアに戻ってしまうことだ。
しかし、以降も彼をチームに加えるチャンスは有るだろう」

また、先日長友・平愛梨夫妻の間に子供が生まれたことについても触れ、
2015年以来の優勝をもたらすかもしれないと期待を込めた。

「彼にとって、プライベートでも良いニュースが続いている。ナガトモは子供が誕生したため、
イスタンブールとミラノを“通勤”している。しかし、これがパフォーマンスに影響することはないだろう」

「往復のストレスがあるにも関わらず、テリムは完全に信頼をおき、
この左サイドバックは本物のリーダシップを継続して発揮している。
このような選手が、2015年以来のリーグ制覇をもたらしてくれる存在となるだろう」

出場機会を求め、トルコを新天地に選んだ長友。

先日には別のメディアが、「ファンのアイドルになった」と特集を組んでいた。
日本代表DFは、すでに監督、チームメイト、ファン、そしてメディアの信頼も掴んでいるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000001-goal-socc

関連記事
「たったの2週間で…」トルコメディアが長友佑都にフォーカス、称賛の嵐
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00717039-soccerk-socc
「ガラタサライの侍」長友佑都を地元紙がベタ褒め
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00128381-nksports-socc

Read more…

羽生結弦プーさんいらない韓国のファンにあげる。羽生きゅんの心を掴むならナイスなイヤホンを投げろ、抹茶、FCバルセロナ

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/17(土) 07:43:05.86 ID:cGvJlsGN0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/xJndQlP.jpg http://img.5ch.net/ico/nida.gif
平昌(ピョンチャン)冬季五輪の男子フィギュアスケートで、16日のショートプログラム(SP)で圧巻の演技を見せて首位に立った羽生結弦(はにゅう・ゆづる、ANA)が同日、
演技後に氷上に投げ入れられた「くまのプーさん」のぬいぐるみを地元韓国のファンにプレゼントすると語り、羽生のファンが多いスケート王国のロシアでも話題になっている。

http://www.sankei.com/west/news/180216/wst1802160093-n1.html

Read more…

連載が始(っ’-‘)、高橋留美子『境界のRINNE』完結にファンから感謝の声「先生、本当にお疲れさまでした!」

1 :朝一から閉店までφ ★:2017/12/18(月) 21:41:19.10 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WQPbJ43.jpg アニメ・マンガ 2017/12/17
(写真)
『境界のRINNE』39巻(高橋留美子/小学館)

 2017年12月13日(水)発売の『週刊少年サンデー』3・4合併号で、高橋留美子のマンガ『境界のRINNE』が完結。ファンから「ついに最終回…!
高橋留美子先生、本当にお疲れさまでした!!」「登場するキャラクター全員大好きでした。次のるーみっくわーるども楽しみにしてます!」と大きな反響が上がっている。

 同作は幼い頃から幽霊が見える少女・真宮桜と、死神のような仕事をしている少年・六道りんねの活躍を描く放課後鎮魂(レクイエム)コメディー。
2人が成仏できずにさまよっている幽霊を輪廻の輪に導いていく様が、ほのぼのとしたタッチで描かれてきた。

 連載が始まったのは2009年の『週刊少年サンデー』で、2015年からはNHK・Eテレでアニメ化も実現。第3シリーズまで制作されるほどの好評を集めている。
8年にわたる長期連載の終了とあって、「1話をワクワクしながら読んだ日のこと、昨日のことみたいに覚えてる…。本当にお疲れ様でした」「リアルタイムで完結まで読めたことが本当に嬉しい。
ありがとう境界のRINNE、ありがとう高橋留美子先生」「この作品と一緒に8年間過ごせて幸せでした。素敵な時間をありがとうございました!」と感慨に浸るファンも多いようだ。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

 https://ddnavi.com/news/422737/a/

Read more…