思いっきり顔??、「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明[18/02/19]

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/19(月) 15:23:41.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XZ8MDFU.jpg 「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明
2/19(月) 12:31配信 ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/19/news075.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000041-it_nlab-ent

左からおかもとまりさん、志村けんさん、モト冬樹さん、中山秀征さん(モト冬樹オフィシャルブログから)
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/19/l_rmfig219-10.jpg

うれしそうな志村さん(モト冬樹オフィシャルブログから)
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/19/l_rmfig219-11.jpg

左下に隠れている人がマツコさんのもよう(モト冬樹オフィシャルブログから)

歌手のモト冬樹さんが2月19日、タレントの中山秀征さんやおかもとまりさんらとともに、志村けんさんの68歳の誕生日を祝ったことをブログで報告。その集合写真の中に「よく見ると奇妙なものが写っている」ことを報告しています。

バカ殿様がプリントされたバースデーケーキや、豪華な出席者との楽しげな写真を公開したモトさん。モトさんによると、志村さんは2016年に肺炎で入院してから煙草や酒を控え、毎日散歩するように心掛けているとのこと。「暖かくて楽しい誕生会でした」と振り返りました。

その後公開した集合写真では、川合俊一さんや馬場典子さんらが笑顔を見せる中、お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介さんの背後で顔を隠すように身をかがめている人物の姿が。モトさんによると、この人物は「素顔のマツコ・デラックスです」とのこと。読者からは「素顔のマツコさん?w(゜o゜)w」「ヒャー見たことなーい」など驚きの声が上がりました。
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1802/19/l_rmfig219-12.jpg

Read more…

マツコの知らない世界、火野 正平、西内まりや 涙で語った引退説の真相「私は何も変わってない」

1 :あちゃこ ★:2018/02/20(火) 00:12:21.66 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/BOlSyiy.png 白いキャップにニットワンピース、黒いコート姿でマンションから現れたのは歌手で女優の西内まりや(24)だった。

主演ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が終了してから1年近くたつ。久々に目撃した彼女だったが、顔色も決して悪くはない。
隣には同じようにキャップを目深にかぶった恋人でモデルの呂敏(27)が寄り添っていた——。

「西内は現在、活動休止状態にあります。所属事務所との契約も3月末日に終了する予定ですが、彼女は弁護士を通じて、契約を更新しない旨を伝えています。
音楽業界のなかでは“このまま引退してしまうのではないか”という声も上がっているのです」(レコード会社関係者)

西内と所属事務所の不協和音が明らかになったのは、昨年秋のこと。11月23日発売号の『週刊文春』が、西内が事務所の社長をビンタしたと報じたのだ。

「アーティスト志向が強く歌手としての活動に専念したがっていた西内さんに対し、事務所は女優やタレントとしての活動も期待していました。
そうした方向性の違いが次第に亀裂を深めていったようです」(前出・レコード関係者)

はたして“引退説”は事実なのか?モデル恋人とのツーショットを目撃した現場で話を聞いた。

「……引退ですか?少なくともいまは、引退は考えていないですね。ファンの皆さんに楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けするという
目標や、私自身は何も変わっていません」

——所属事務所とは、4月以降は契約更新をしないとうかがいましたが?

「それは弁護士さんと相談して進めている件ですので、私がいまこの場所で語ることはできません。ただ一つ言えるのは、事務所に対しては恩もありますし、
感謝もしているということです。関係者やファンの皆さんにはご心配をおかけして申し訳ないです……。いままではこうして自分の気持ちを語る機会も
ありませんでしたので、今日は(取材にきてもらって)ありがとうございます」

ときおり涙ぐみながら話をする西内が笑顔を見せたのは、記者が恋人についての質問をしたときだった。

——呂敏さんの存在も支えになっているのでしょうか?

「これから2人でランチに出かけようと思っていたんです。恋人?いやそれは(笑)……、いつかきちんとした形で、私の口からお話しできれば……」

恋人に寄り添われながら春を待つ西内。彼女が選ぶ新たな道の行方は——。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00010001-jisin-ent
https://amd.c.yimg.jp/im_sigg.IY7EUHqFnifMDB6ssmReg—x900-y711-q90-exp3h-pril/amd/20180220-00010001-jisin-000-1-view.jpg

Read more…

トヨタ、3000億円投じ新試験場 電動車大量開発に備え、マツコ・デラックス、女子ハーフパイプ

1 :ノチラ ★:2018/02/19(月) 21:22:32.97 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sDwYaPv.jpg トヨタ自動車は新たな試験場を愛知県に設ける。11種類のテストコースに研究開発棟も備え、総投資額は3000億円規模となる見込み。トヨタはハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車では全方位の開発を進めており、30年までに年間550万台以上売る目標を掲げる。各国の環境規制に対応する電動車の大量投入に備え、開発効率化のための大型投資に踏み切る。

新試験場は愛知県の豊田市と岡崎市の境の山間部にあり、東京ドーム139個分にあたる約650ヘクタールの広大な土地に設ける。愛知県が造成する土地の引き渡しを受けて建設する。19年から順次稼働し、23年に本格稼働する予定だ。

 トヨタの寺師茂樹副社長は19日、愛知県豊田市で開かれた拠点用地の引き渡し式で「将来のクルマ社会に向けた研究開発の加速にこの地が貢献してくるものと確信している」と話した。

 世界の特殊な道路を再現した11種類のテストコースを整備する計画。19年にも稼働するコースはドイツの有名なサーキット「ニュルブルクリンク」なども参考にして山岳路を模した。全長5.3キロメートルのコースは高低差が約75メートルで、多数のカーブが設けられている。過酷な環境下で操縦安定性やブレーキ性能などをテストするためだ。

 このほか研究開発棟なども建設し、豊田市にある本社などから技術者などが移転する。本格稼働当初は3200〜3300人が新施設で働き、将来は3850人に増やす。

 トヨタは国内では豊田市の本社地区のほか、静岡県裾野市や北海道士別市にテストコースを持つ。北海道を寒冷地などの特殊条件でのテストに使う一方、他のコースは「それぞれ時間軸をわけて役割分担させていく」(寺師副社長)方向だ。具体的には静岡県では次世代技術、新拠点や本社では投入時期が近い車両のテストを行う。

 新拠点は日本や欧米などの先進国だけでなく、中国やインドなどの新興国でも多様化する規制や消費者ニーズへの対応もある。エンジン車のほか、HV、EV、燃料電池車(FCV)など全方位のエコカー開発が増える一方で、現在の開発拠点は手狭になっていた。

 トヨタの18年3月期の研究開発費と設備投資の合計額は2兆3400億円と、5年前から4割増える見込み。先行投資が増えるなか、最近ではEVでマツダやデンソーと技術開発の新会社を設立するなど外部資源を活用し効率的に投資する姿勢も鮮明になっている。

 トヨタが国内にテストコースを設けるのは、1984年に稼働した北海道士別市の拠点以来となる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27093950Z10C18A2TI1000/

Read more…

羽生結弦、第三者委員会、マツコ・デラックスが新幹線の肘掛けに持論「肘掛けって思う根性が嫌い!」

1 :ひぃぃ ★:2018/02/15(木) 15:15:15.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zcCE4A7.jpg 14日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、コラムニストのマツコ・デラックスが、新幹線などの肘掛けを使う人に対し、「根性が嫌い」と辛らつな言葉を浴びせた。

番組では「どっち派討論会!」のコーナーで、お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが議題として「新幹線、飛行機、映画館などで、どちらのものか分からない肘掛けを勝手に使われるのは『許せる派』? 『許せない派』?」と問いかけた。

「許せない派」のマツコは、「(肘掛けが大きな)グリーン(席)ならまだ分かる」と理解を示す。だが、普通席の肘掛けは幅が狭く「あれ、肘置けない」と指摘し、千鳥・ノブらも同意。続けてマツコは「あれを肘掛けって思う根性が嫌いなの!」と非難したのだ。

さらにマツコは「肘掛けじゃない! あれは仕切り!」「あれは陣地の分け目」と主張した。ここで「許せる派」であるMCの明石家さんまが「肘掛けという名称が付いてる限り、肘掛けでええねん」と言い返すと、「許せない派」のブラックマヨネーズ・吉田敬が「あれは肘の軟骨置き」とマツコを援護し、スタジオの笑いを誘っていた。

2018年2月15日 12時18分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14304416/

画像
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/d/ed389d9aabeb5d8c0ae1046824fc1e6d.jpg

Read more…

野村克也氏がマツコ・デラックスに求婚「結婚しますか?」、`ーT ̄|'( ・_・)ノΞ

1 :たんぽぽ ★ :2018/02/09(金) 09:54:06.32 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5VBroQt.jpg http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14276442/

ノムさん、最愛の妻に先立たれマツコに求婚「結婚しますか?」

 サンケイスポーツ専属評論家の野村克也氏(82)が、ヤクルトの2軍バッテリーコーチを務める息子の克則氏(44)とともに8日に放送されたフジテレビ系「アウト×デラックス」(木曜後11・0)に出演。昨年12月に虚血性心不全のため亡くなった愛妻、野村沙知代さん(享年85)をしのんだ。昨年ごろから2人でどちらが先に亡くなるかという話題をしてたそうで、「俺の方が先に死ぬから、あとはちゃんと整理して来いと。先に逝って待ってるからと言っていたのに…先に逝かれちゃいました」と悲しみを語った。

 沙知代さんの最期も振り返った野村氏。異変に気付き、声を掛けると「大丈夫よ」と返事があったいう。これが、最期に残した言葉だったと打ち明けた。

 タレント、マツコ・デラックス(45)が最愛の妻に先立たれた野村氏を心配すると、野村氏は「結婚しますか?」。マツコはあ然とした表情を浮かべた後、「いい? サッチーの代わりをできるとしたら、私しかいないと思う」と答える。

 南海キャンディーズの山里亮太(40)が「すぐマツコさんに結婚します?と言えるなんて。昔、遊んでいたんだなって」と驚くと、野村氏は「そのためにプロ野球に入ったんだよ」「飲む・打つ・買う。これをバランスよくやるためにプロに入った」と軽妙なトークで笑いを誘った。

 自身の現役時代を振り返り「飲めない、打てない、買うしかないんですよ。克則のお母さんも引っ掛けた」と冗舌に。「キャッチャーは女性にはモテない。モテてりゃね、年上の奥さんと結婚してませんよ。女性にモテないからサッチーなんですよ」と語り、「そんなサッチーと縁があったからこんなにいい息子と出会えた」と感謝の気持ちを伝えた。

Read more…