「日本はアスリートの強化体制が貧弱で報奨金も安いから弱い」「日本人はハングリー精神がないから弱い」どっちだよ、サンウルブズ、浦和レッドダイヤモンズ

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/22(木) 10:55:05.28 ID:iQv4rUkr0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/opxTT64.jpg http://img.2ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
「金メダル」の値段はいくらなのか?

■日本が総力を結集して獲得した金は48万円ほど
そもそもの疑問は、金メダルは金(ゴールド)でできているのかということ。五輪関係者でなくとも
察しはつくかと思いますが、もちろん純金製ではありません。1916年のベルリン大会以降、銀に金メッキの
スタイルが定着しました。

『オリンピック憲章』によると、金メダルには「規格」があります。大きさは直径60mm以上、厚さ3mm以上。
また、素材として重量の92.5%以上は銀を使うことと、6g以上の金張りを施すことになっています。

メダル全体の重量は、2年前のリオデジャネイロ大会で使われた金メダルが、それまででもっとも重い500g。
ところが、今回の平昌大会はそれを更新して、実に586g。テレビを見て「メダル、なんかデカくない?」と
思った人、気のせいではなく、最重量ゆえサイズも大きいということです。ちなみに、今回の金メダルは、
98.98%がスターリングシルバーで、残り1.02%が金なのだとか。つまり、金の重量はジャスト6g。
実態はほぼ純銀製ですが、金メダルの条件はしっかり規定はクリアしているのです。

大会10日(2月18日)時点で、日本の金メダル獲得数は2個。つまり、6g×2個=12gの金が
国内に持ち込まれることになります。金の小売価格1g/3788円(2月16日現在)で換算すると、
4万5456円。4年間、日本が国力を投じた努力の報酬は、金で推し量ると4万5000円くらいだったわけです。

参考までに、今回の金メダルを金属としての価格で見ると6万円ほど。銀メダルは約3万8000円。
銅メダルは、当然ほぼ銅(90%、残り亜鉛)でできていますが、価格は100g/80円(豚コマより安い!?)
くらいなので、いいとこ500円ということになります。

https://news.nifty.com/article/item/allabout/12101-27303/

Read more…

テレビ朝日、J1リーグ、日本企業は今の半分に減るべきだ。アトキンソン氏「日本人は人口減を舐めてる」

1 :ノチラ ★:2018/02/23(金) 19:11:25.54 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/RKo6c2j.png 日本でもようやく、「生産性」の大切さが認識され始めてきた。
「生産性の向上」についてさまざまな議論が展開されているが、『新・観光立国論』(山本七平賞)で日本の観光政策に多大な影響を与えたデービッド・アトキンソン氏は、その多くが根本的に間違っているという。
34年間の集大成として「日本経済改革の本丸=生産性」に切り込んだ新刊『新・生産性立国論』を上梓したアトキンソン氏に、真の生産性革命に必要な改革を解説してもらう。
皆さんもご存じのとおり、日本ではすでに人口が減り始めています。人口が減る以上、GDPを維持するためには生産性を高めるしかありません。「GDP=人口×1人あたりの生産性」だからです。

それにはさまざまな改革が求められます。今回はその1つ、日本の企業数を大胆に減らすという改革について、考えたいと思います。

日本人は「人口減少」をなめている

その前に、まずは日本における人口減少のインパクトを改めて確認しましょう。
日本の人口の減少、特に生産年齢人口の大幅減少は、「経済の常識」を根本から変えるだけではなく、社会のあり方そのものを一変させてしまう、国にとっての一大事です。日本という国は、有史以来の未曾有の事態を迎える、スタートラインに立たされているのです。

しかしながら、この一大事に対して、当事者である日本人自身はあまり危機感を覚えているようには思えません。おそらく、人口減少が始まってしまったことは知りつつも、その規模や脅威がどれほどのものになるのか、正確に認識している人が少ないのがその理由ではないでしょうか。

そこでまず、今後の日本でどれほど人口が減ってしまうのか、その衝撃の数字を確認しましょう。

国立社会保障・人口問題研究所の2012年の推計では、2060年までに、2015年と比較して生産年齢人口が「3264万人」減ると言われています。この規模は、世界第5位の経済規模を誇るイギリスの就業人口とほぼ同じで、同じく経済規模世界第10位のカナダの総人口を上回ります。

人口減少が進んでいるのは日本だけではなく、一部の先進国でも同様です。しかし、同期間の人口減少は、ドイツで約1000万人、イタリアが約500万人、スペインは約300万人と、日本がその規模で他国を圧倒しています。

つまり、これから数十年間にわたり、日本だけが他の先進諸国とはまったく違う経済環境に置かれ、どこよりも厳しい経済対策を強いられることになるのです。

マスコミなどを見ていると、移民を迎えたりロボットを導入することで、人口減少に対応できるというコメントをよく見ます。ここからも、多くの人は人口減少をただの言葉としてとらえており、その規模と意義を正しく把握しておらず、「のほほん」としている印象を受けます。

人口と経済には関係がないなど、とぼけたことを言う人すらいますが、今現在の先進国の経済規模ランキングは完全に人口ランキングを反映しているので、その指摘はまったくの誤りです。人口が減ることで消費者が減り、需要が減少して、需給バランスが崩れる傾向が強くなります。

そこで、やはり需給の調整が必要となります。

人口が増えて、企業数も増加した

これから数十年、日本の人口が減ってしまうのは、もはや避けがたい現実です。経済への打撃も、社会へ変革を迫る圧力が高まることも抗いがたい事実です。

しかし、これからの日本経済は、実は生産性が上がりやすい環境となります。なぜなら、人口の極端な減少によって経済が激変するからです。ただしこの状況を生かすも殺すも、経営戦略と国の政策次第です。

すでにその流れができ始めていますが、経営者は進んでM&A相手を探すべきです。かつて21行あった大手銀行が今は3行まで減ったように、ドラスティックな変革が求められます。政府が実施するべき政策はいくつかあるのですが、まずは「企業の数を削減」することが非常に重要です。私は、日本企業の数は今の半分まで減るべきだと考えています。

先進国の例をみると、企業数と人口の間には一定の相関が認められます。日本でも、戦後、人口が他国に類をみないスピードで増加するのに伴い、企業の数も大きく増えました。

しかし、先ほど説明したとおり、日本ではこれから数十年にわたって、生産年齢人口が他の先進国を大きく上回るスピードで減っていきます。それに伴い需要も大幅に減ります。人口の増加に伴って増加した企業の数は、人口が減るのであれば、それに伴い減少すべきなのは当然のことです。

要するに、消費者が減っているのですから、十分に企業数と供給量を減らさないと供給過剰となり、過当競争になって、デフレに拍車をかける結果になるのです。
http://toyokeizai.net/articles/-/209674

Read more…

「日本人はジョブズを神格化しすぎ」アップルを見続けてきた男の疑問、カミングアウト、比江島慎

1 :ノチラ ★:2017/12/24(日) 07:56:41.36 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1MxgX4r.jpg
アップル2は、ウォズニアックが自分のほしいマシンを追い求めた結果の産物です。拡張スロットがあり、中身がすべて解放されていて、誰でもカードを挿せば周辺機器を作れる。オープンアーキテクチャですから、アップル2がなくったっていい。

一方のジョブズは、プログラマーではありません。創造的なウォズニアックを羨ましく眺めていた時代に、「では自分のほしいマシンは何か」と悶々と悩んでいたんです。そこにアップルの古参社員であるジェフ・ラスキンが持ち込んだ、「情報家電」というコンセプトに食いつく。

ジョブズは自分がアップルに居場所を作るための、コンセプトを掴んだんです。要するにメディア、「動く紙」であり、「考える道具」だと、自分の作りたいものを発見する。

そもそもを言うと、マッキントッシュとはラスキンがカナダの林檎から付けた名前で、はじめからラスキンのプロジェクトなのに、「いただき!」といつのまにか自分のものにした。つまり、パクってるんです。

ジョブズのやっていることは、実はパクリだったりする。パクリの後のアレンジにおいてとてつもない天才性を発揮しますが、どんな人の話を聞いても、本を読んでも、発想そのものはジョブズの中から出てきてはいません。

ジョブズを神格化するのはよいとしても、彼を偉大なクリエーターとして捉えるのは、文脈からして間違っています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53863?page=3

Read more…

ウキウキだよ(*゚∀゚)、金メダル羽生に安倍総理が祝福 「大けがを克服して凄い集中力。新しい伝説だ。日本人がみんな興奮し感動。誇りに思います」

1 :MacaronCino ★:2018/02/18(日) 10:59:12.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MHIrX3d.jpg  安倍晋三首相は17日夜、平昌五輪のフィギュアスケート男子で、2大会連続の金メダルに輝いた羽生結弦(23)=ANA=に祝福の電話をかけた。
安倍首相と羽生の電話内容の詳報は次の通り。
  ◇
 安倍首相「羽生選手、おめでとうございます」
 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「前回はぜんそくや、(東日本)大震災を乗り越えての金メダルでしたが、今回も大けがを克服しての金メダルで、
 私は一人でテレビの前で、後半は手に握ったミカンを握りつぶしそうだった。今回はけがの後ブランクがありましたから、少し不安はなかったですか」
 羽生「ありました。ただ、練習もしっかり積めなかったんですけれども、やはりスケートをやめたわけではなかったので、2カ月くらいなんとかなるかなとちょっと思ってました」

 安倍首相「大きなけがだったんでしょうけど、ああいうときにも自分のベストを出すというのはすごい集中力ですね」
 羽生「いえ、まだもっとベストが出せたかなとは思うんですけれども。もうちょっと頑張ります」

 安倍首相「今回本当にもう、日本人みんなが興奮して感動したと思いますし、やっぱりああいうけがを乗り越えてというのは。まさに新しい伝説ができたのかなと思いましたね」
 羽生「ありがとうございます」
 安倍首相「でも、ほっとしましたよね、これで」
 羽生「そうですね。やっと今まで頑張ってきたものが報われたというか、実は今シーズン1回も勝てていなくて」
 安倍首相「ああ、そうですか」
 羽生「試合にも出れなかったので、ずっともどかしい気持ちでいっぱいだったんだすけれども、やっと今シーズン勝つことができたので。
 また今年になって初の勝利もあったので、非常に重みのある勝利になったなと思います」

 安倍首相「4年前もそうだったですけれど、今回もですね、いろんな困難を乗り越えて多くの人たちに勇気を与えたと思います」
 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「また、海外でも『氷のプリンス』といって」
 羽生「はははは」
 安倍首相「大きく報じられていますね。日本人として本当に誇りに思います」
 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「しばらく、ちょっとゆっくりされるんですか」
 羽生「ゆっくりできれば、ゆっくりしたいなと思っているんですけれども、世界選手権が実は近くにあって」
 安倍首相「そうですよね。まだ忙しいでしょうし、練習も大変でしょうけど、ぜひまた健康に気をつけて頑張ってください。期待しています」
 羽生「ありがとうございます」

 安倍首相「本当にお疲れさまでした。おめでとうございました」
 羽生「わざわざありがとうございます。失礼します」

・以下全文はソースへ: 産経 18.2.17
http://www.sankei.com/images/news/180217/pye1802170095-p1.jpg
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180217/pye1802170095-n1.html

Read more…

長野県、平昌郡、アメリカ人の商品は雑だし、「まあしゃーねーな、売ってやるよ」って態度じゃ日本人買わないんじゃない

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/15(木) 16:48:34.78 ID:sjzmmUov0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/qBZDLvB.png http://img.5ch.net/ico/nida.gif
どうして米国人は日本車が好きなのか そこには、日本メーカーの努力もあった!=中国メディア
http://news.searchina.net/id/1653647?page=1

Read more…