足並み!!、日本人さん、イラン・イラク地震で一時間で606円を寄付する

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/19(日) 15:37:55.08 ID:I65ai8sq0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/I9mGKl3.jpg
【募金活動報告】

11月12日に発生した、イラン・イラク地震での、イラン・イラクに寄付する為の募金額は、1時間で\606でした

募金して頂いた方ありがとうございました!

2011年のときに、自分達は支援してもらって、他の国が困難な状況の時には、見て見ぬふりです。残念です。

https://i.imgur.com/Vruevx9.png
https://i.imgur.com/l7ZFvlq.png
http://t

Read more…

なぜ日本人は賃貸自由主義より35年ローン地獄を選ぶのか、ラッキΣ( ̄□ ̄;)

1 :ノチラ ★:2017/11/23(木) 15:29:08.05 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/U2KlNlb.jpg マイホームは「持ち家」と「賃貸」のどちらがトクか──。これまでも散々繰り返されてきた議論だが、「特にこれからの時代は、リスクを背負ってまで買うべきではない」と断言するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。果たしてその根拠とは?

 * * *
 私は、日本人には住宅についてのある強迫観念が存在していると考えている。それは、「一人前になったら家を買わなければならない」というものだ。仕事を持ち、結婚して、子どももできた一人前の職業人が、いつまでも賃貸住宅に住んでいると、世間から「どうして?」と思われる。

 まわりを見渡してみよう。しっかり仕事をしていて、それなりの家庭を築いている人のほとんどは持ち家に住んでいないだろうか。そういった人で賃貸暮らしを続けているのは少数派である。

 しかし、自宅というのは必ずしも購入しなければならないものなのか? 私は常々疑問に思っている。

 住宅というのは、人が暮らすための器である。雨風をしのぎ、安寧と安眠の場所を提供する場所だ。できるだけ快適で、手足をゆったりと伸ばせて、圧迫感を抱かない程度の広さがあればよいのではないか。仮に一般人が宮殿のような住まいを手に入れても、維持管理に困るだけだ。

 特に今の日本は人件費が高い。家事を手伝ってもらう人を雇う、というのはよほどの富裕層でない限りは不可能。そうなれば、一人当たり30平方メートルから50平方メートルくらいの広さがちょうどいい。掃除や手入れも行き届く。また4人くらいの家族で暮らすならせいぜい100平方メートルだ。それ以上になると、清潔な状態を維持するだけでも相当の労力を必要とする。

 つまり、今の一般的な日本人の必要とする住まいは、さほど広くない。そして、この国では住宅自体が余っている。日本全体で13%余りの住宅が空き家になっていて、それは今後どんどん増えることが確実視されている。

 さらに言えば、住宅は余るわけだから資産価値は低下していく可能性が高い。現に、日本全国で住宅を含めた不動産の価格は下落している。不動産の価格自体が上昇しているのは、東京や神奈川、京都や大阪、仙台、福岡といった特殊な事情がある一部の地域の、限られた場所だけである。その他の不動産はほとんどが、その資産価値を落としている。

 中には、誰も所有したがらない不動産も多い。日本全国で所有者不明の土地が九州と同じ面積分だけあると言われている。

 不思議なのは、こういう時代でも35年ローンを組んでマンションを買おうとしている人が多くいることだ。なぜそのようなリスキーな買い物をするのか、私には理解できない。

 今後、日本では人口減少とさらなる少子高齢化が進む。移民政策を大転換でもしない限り、この国の住宅需要は減り続けるだけだ。絶対に増えない。増えないということは、その価値も高まらない、ということになる。

 カンタンに言えば、不動産の資産価値は下がり続ける。もっとあからさまに言うと、35年ローンで購入したマンションの市場価格が購入時よりも上がる、ということはマイナス金利になったり、年率5%以上のインフレにでもならない限り起こり得ないのだ。

であるのに、多くの人が35年ローンを組んでまでマンションを買いたがっている。なぜだろう?

 人は、目の前で起こっていることしか理解できない。目の前では何が起こっているのか。特に東京の都心やその周縁では、不動産について何が起こっているのか。一般人にも分かりやすい現象は、「マンションの値上がり」である。

 2013年以来、マンションの価格は新築も中古も上がっている。だから、多くの人はこの流れが今後も続く、と考えている。あるいは「オリンピックが終わるまでは」などという根拠のない妄想を抱いている。
http://www.news-postseven.com/archives/20171123_631587.html

Read more…

山田涼介、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC、在日「帰化すれば朝鮮人を、帰国すれば日本人を蔑ろにしてしまう、国籍とは己の心を乱す枷なのです」

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6dZUgEN.jpg
腸内環境を整えよう/李幸子

突然ですが、皆さん、毎日お通じはありますか?

お通じとは文字通り、身体からの「お便り」です。

私たち人間にとって、食べることと同じくらい大切なのが、「排泄」です。

私たちの身体は、栄養素を消化・吸収し、不要なものや毒になるものは、身体の外に出す働きもしています。

現代において、便秘でお悩みの方は非常に多いといいます。特に女性は、男性に比べ、より便秘になりやすいといわれています。

適切な排便習慣は、健康的な生活を送るための、とても重要な要素です。

朝鮮新報
http://chosonsinbo.com/jp/2017/11/10-8/

Read more…

明治安田生命保険、日本、勿論トモダチだから一生面倒みるよね?日本人は誰も被爆してないのに米兵400人が作戦で被爆し裁判

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/waOr5lP.png
腫瘍により足を切断、異常出血で子宮摘出、抜ける毛髪……トモダチ作戦で被曝した米兵たちの裁判

▼〈9人も死んでしまった…トモダチ作戦で頑張ってくれた若き米兵らが 原発事故の放射能で被曝し健康を害したとして
400人超が裁判を起こしている事をあなたは知っていますか?〉10月8日、日本テレビ「NNNドキュメント」

 私は労働問題を専門とし、ブラック企業や過労死の問題に取り組んできた。その中で、私がいつも思うことは「経済活動」
はどこまで人間を犠牲にすることが許されるのか? という問いである。

 原発賠償の問題は、そうした労働問題と同じように、原子力発電という私企業の経済活動が、個々人に与えた被害であり、
実際に、労働の分野では以前から「被曝労働」が問題となってきた。

 複雑な原発を維持し続けるためには、炉心の真下に人が入っての点検や、隅々までの清掃作業が求められる。
驚く方も多いかもしれないが、最新鋭の原発も、人力の雑巾がけで清掃が行われているのが実態なのだ(その人員はスラムから
日雇いで集められる)。そうした「被曝労働」によって多くの癌・白血病が発症してきたのだが、それが「労働災害」と
認められるまでには多大な裁判闘争を必要とした。そして今日、原発避難者の被害を中心として、「経済被害」を社会的に
問う新しい裁判が続けられている。

そんな中で、本作は日本でほとんど顧みられることのない「トモダチ作戦」に参加した若い米兵たちの被曝被害に焦点を当てている。
「トモダチ作戦」に当たった兵士たちは、メルトダウンの危険が迫る中(それは日本国内でも知らされていなかった)、
全速力で被災地に向かった。米兵の被曝は震災後比較的早い段階から問題にされてはいたが、その後の実態はほとんど日本では
問題にされていない。
http://bunshun.jp/articles/-/4894

Read more…

丸見え!!、日ハム・大谷翔平「日本人のいない球団に行きたい」(原文ママ) ←えっ…これって…あっ(察し)

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wtatfxl.png
今オフ、ポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦する日本ハムの大谷翔平(23)。日米のスポーツマスコミがこぞって「本命視」しているのが、ドジャースとヤンキースだ。

ドジャースは最も大谷へのアプローチに熱心だった。高校時代には何度も接触。
今年のシーズン中にも複数の球団幹部が来日し、7日(日本時間8日)にはフリードマン編成部長が「二刀流は可能」と秋波を送った。

一方、ヤンキースも有力候補といわれる。さる6日(同7日)、米大リーグ機構の公式ラジオチャンネルのツイッターで、
MLBの名物記者15人中11人が大谷の移籍先をヤンキースだと予想した。

大谷はしかし、親しい人に「日本人選手の在籍していない球団に行きたい」と話しているという。
さらに、親しい関係者は「(大谷は)すぐに結果を求められる大都市の人気球団を敬遠するのではないか」とみている。
つまり、育成に定評のあるチームを重視しているのだろう。

日本人選手のいない球団——。そうなれば、真っ先に選択肢から消えるのが、前田健太と8年契約を結ぶドジャースと、残留を決めた田中将大のいるヤンキースの2球団だ。
ともに、「大都市の人気球団」でもある。

大谷はこの日、右足首手術後初めてのジョギングを行った。右膝を地面につけた状態でのネットスローもこなし、病院で受けた定期検査については「問題なかった。
やれることをやりたい」と話した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13876201/

Read more…