田村 淳、羽生結弦、子どものボール投げ、男女とも低下傾向 その原因は? 人気スポーツが野球中心から多様化したことが原因の一つ

1 :3倍理論 ★:2018/02/17(土) 13:35:46.75 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cIUWTUC.jpg 13日にスポーツ庁が公表した小学校5年生と中学校2年生を対象とした2017年度全国体力調査。女子の体力合計点は、今回の形式で調査を始めた08年度以降で最高値を更新したが、種目別では、特に男女ともボール投げが低下傾向にあることが明らかになった。

 調査は小5がソフトボール投げ、中2がハンドボール投げを含む8種目を実施。子どもの体力水準がピークだった1985年度と今回の平均値を比べると、小5男子が29・94メートル→22・52メートル、同女子が17・60メートル→13・93メートル、中2男子が22・10メートル→20・51メートル、同女子が15・36メートル→12・88メートルと下がった。ここ9年の調査を比べても、中2男子が最低値を記録するなど低水準のままだった。

 ボール投げの低下傾向については、子どもの人気スポーツが野球中心から多様化したことが原因の一つと指摘されている。スポーツ庁の鈴木大地長官は13日の会見で「公園でキャッチボールができない、野球ができないという話はだいぶ前から聞かれている」と話し、「柔らかいボールやケガをしにくいボールもある。色々なやり方を提供して、身近にスポーツができる環境の整備に努めていきたい」と語った。(野村周平)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000042-asahi-soci

Read more…

キャッシュレス社会、男女で意見が真っ二つ 博報堂調査、東野 幸治、台湾

1 :ノチラ ★:2017/12/15(金) 17:53:49.23 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fosZvOX.jpg  電子マネーや仮想通貨など現金を使わずに支払いができる「キャッシュレス決済」。博報堂の行った「お金に関する生活者意識調査」によれば、こうした「キャッシュレス社会」に賛成する人は48.6%、反対する人は51.4%。性別では男性が賛成、女性は反対意見が多数となった。

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1712/15/l_am1535_okane.jpg

 キャッシュレス社会に「なった方がよい」と考えている人が最も多かったのは60代男性(59.3%)で、50代男性(59.0%)、40代男性(58.6%)と続く。一方、「ならない方がよい」と考えている人が最も多かったのは30代女性(64.6%)で、次いで40代女性(63.3%)、20代女性(63.2%)だった。全年代を合わせた場合でも、男性は「キャッシュレス社会になった方がよい」と考える人が58.7%であるのに対し、女性は38.5%にとどまるなど男女で賛否が分かれる結果となった。

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1712/15/l_am1535_okane2.jpg

賛成意見として最も多かったのは「現金を持たなくてよいから」(14.7%)。2位は「利便性が高いから」(10.7%)、3位「お得だから」(6.9%)だった。1位は男女でほとんど差がなかったが(0.6ポイント)、2位は男性が多く(3.5ポイント)、3位は女性が多い(3.2ポイント)など、こちらでも男女で差が見られた。

 一方、反対意見の1位は「浪費しそうだから」(10.9%/男女差5.4ポイント)、2位は「お金の感覚がマヒしそうだから」(10.1%/男女差8.4ポイント)、3位が「お金のありがたみがなくなりそうだから」(7.9%/男女差3.9ポイント)。いずれも女性が男性を上回る結果となった。男性が女性を上回った反対意見には、「現金は必要だから」「犯罪が多発しそうだから」などがある。

 博報堂は「男性は利便性の高さを支持する意見と犯罪を危惧する意見が、女性は、お得感や管理のしやすさを支持する意見と、金銭感覚の揺らぎを危惧する意見が多い傾向がみられた」としている。

 調査期間は2017年11月16日〜20日。全国の20〜69歳の男女3600人を対象にインターネット調査を実施した。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/15/news095.html

Read more…

囲碁、川崎市、女子・小中学生 体力「過去最高」 握力とボール投げに関しては、男女とも低い傾向、特に中学男子は過去最低

1 :3倍理論 ★:2018/02/13(火) 17:44:24.66 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/gn2cfld.jpg いわゆる「体力テスト」で、女子小中学生の体力が過去最高となった。
体力テストは、2017年4月から7月にかけて、全国の小学5年生と中学2年生、およそ208万人を対象に、50メートル走やボール投げなど、8種目で行われた。
その結果、小中学校の女子の合計点が、2008年度の調査開始以来、3年連続で過去最高を更新したことがわかった。
しかし、8種目のうち、握力とボール投げに関しては、男女とも低い傾向が続いていて、特に中学男子は、いずれも過去最低となっている。
鈴木スポーツ庁長官は、発育・発達のためには、小学生段階からの運動習慣も大切だとの考えを示したうえで、身近にスポーツができる環境を整えたいとコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180213-00000755-fnn-soci

Read more…