ストリートファイター、立憲民主党、様々な料理を食べ尽くした俺だが、最高の料理はスパイス料理と悟った

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LbPWftL.jpg
鈴木浩介、愛するカレーの聖地・インドでスパイス大捜索の旅…「アナザースカイ」

http://www.cinemacafe.net/imgs/thumb_h1/356079.jpg

今田耕司とモデルで女優の中条あやみがMCを務める「アナザースカイ」の11月17日(金)の放送に、俳優の鈴木浩介がゲストで出演。
今回鈴木さんは“カレー”のスパイスの聖地である南インドで究極のカレーを堪能。カレー愛を熱く語ってくれる。

http://www.cinemacafe.net/article/2017/11/17/53952.html

Read more…

産経新聞、立憲民主党がジジババに人気なだけなことを記事にしてしまう、ラッキーだ+#+

1 :名無しさん@涙目です。:2017/11/20(月) 14:38:43.79 ID:ujblphp60

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XFL0y3N.jpg
SNS効果は本当? 躍進・立憲民主党支えたのは、若者より「シルバー世代」
 立憲民主党の枝野幸男代表が20日の衆院本会議で代表質問に立ち、新党として「国会デビュー」を
果たす。先の衆院選でツイッターなどのSNS(会員制交流サイト)を駆使した同党は野党第一党に躍進し、
福山哲郎幹事長は19日のNHK番組で「『まっとうな政治』を取り戻したいという声に共鳴をいただいた」と
胸を張った。しかし、根幹を支えたのはSNSを使いこなす若者層ではなく、むしろ高齢層であることが浮き
彫りになっている。
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が11、12両日に実施した合同世論調査でその実態が
明らかになった。立憲民主党の支持層の年代別内訳は60歳以上が52・9%で、調査対象全体の60歳
以上の割合(39・7%)を大きく上回った。主要政党では共産党(58・8%)に次ぐ高さで、昭和時代に学生
運動が盛んだった「シルバー世代」の支持が大きい。
 立憲民主党はSNSを最大限利用した。同党の公式ツイッターのフォロワー数は約19万に迫り、13万超の
自民党を大きく引き離す。枝野氏は衆院選直後の記者会見で「政治に関心の薄い層に向けて短い言葉で
メッセージを発信し、フォロワーの皆さんが自らの判断で活用していくといういい循環が生まれた」と成果を
強調した。
 しかし、世論調査によると、18〜29歳の支持層の占める割合が高いのは希望の党(17・9%)、自民党
(15・6%)、公明党(12・2%)、立憲民主党(10・5%)の順だった。
 18〜29歳に限定した政党支持率を見ると、立憲民主党支持層の高齢化はさらに明瞭となる。自民党は
43・4%で、同党全体の支持率38・5%を上回ったのに対し、立憲民主党は全体の支持率15・3%を下回る
11・5%にとどまった。
 自民党が若者層に支持されていることがうかがえるが、60歳以上の支持率では全体の支持率以下の
36・0%だった。これに対し、立憲民主党は20・4%と同党の全体の支持率を上回っており、やはり高齢層に
支えられていると言えそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000504-san-pol

Read more…

辻元清美「『立憲民主党は自民議員と飲み会禁止。辻元が指示』というのは誤報です!デマです!」、>Σ( ̄□ ̄;)

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wWtR9Jw.jpg
辻元清美
自民と飲み会自粛令の謎

一部メディアが、立憲民主党は、党所属議員と自民党議員の夜の飲食を見合わせる方針を決めた。と報道しました。
しかも私が指示したように報じられたことが、テレビやネットでも大々的に拡散したようです。

これは完全な誤報です。
他社の記者たちが「記事にするなら、本人に事実を確認した方がいいのでないか」と口々に言ったそうですが、私や事務所に確認はありませんでした。

まず、「自民党議員との夜の飲食を見合わせる方針」を決めた、という事実はありません。

そして、報じられた発言や提案をしたのは私ではなく山内康一議員です。

そして山内議員の提案の意図は、いまは野党がバラバラの状態。立憲民主党の会議のなかで、「まずは野党同志が食事をしたり親睦を深め、コンセンサスをとってほしい。
自民と懇親するのは、どう考えているのか、ある程度まとまった後の話し合いの先にしてもらいたい」という主旨でした。

もっともな意見なので、私も賛成しました。野党と先に飲んで、だけですので、「辻元が『自民と飲み会自粛令』」という報道は事実ではありません。

動き始めたばかりの立憲民主党で、対応が稚拙な点も多々あるかもしれません。
しかし同時に報道のみなさんに対しても、誤解をうまない正確な情報伝達をこころがけて頂けると助かります。

http://blogos.com/article/258493/

立民「自民と飲んじゃだめ!」 辻元氏、対決姿勢をアピール
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201711/CK2017110302000134.html
 立憲民主党の辻元清美国対委員長は二日の党会合で、国会の委員会活動を巡り、自民党の理事から夜の飲食の誘いがあっても断るよう指示した。野党第一党として、自民党への対決姿勢を強める狙いがあるとみられる。
 理事は委員会の審議日程などを調整する責任者で、与野党の第一党の理事が「筆頭」として折衝の中心になる。立憲民主関係者によると「飲み会禁止令」は懇親の場を通じ、自民に取り込まれることを防ぐためとしている。

辻元清美オフィシャルウェブサイト
デマ一覧
http://www.kiyomi.gr.jp/info/dema/

Read more…

立憲民主党・初鹿明博「韓国ではトランプ来るな!デモが起きたが日本では何もない。おとなしすぎる」、馬鹿だからポ#!

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/h8SbKPr.jpg
初鹿 明博
【おはようROCKナンバー】
2017.11.8
おはようございます。
トランプ大統領は日本に続いて韓国で首脳会談を昨日行いました。
韓国ではトランプ来るな!というデモが起こったみたいです。
恐らく、日本も韓国もトランプ大統領を支持しない人の割合は同じ位だと思いますが、にほんでは何もなく、韓国はデモが行われるって、国民性ですかね。
日本人はおとなしすぎますね。
さて、今日の一曲も反トランプの曲から。
グリーンデイも歌っています。
どうぞ、お聴きください。
https://www.facebook.com/akihiro.hatsushika/posts/1756510511060610

関連
立民また醜聞炸裂! タクシーでチャック下ろし女性の顔を…初鹿氏に強制わいせつ疑惑
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171102/soc1711020005-n1.html

Read more…

香取 慎吾、1周回って知らない話、希望の党の元民進組、簡単に民進党に戻るわけにも立憲民主党に合流する訳にもいかず 小池に不満爆発

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/p28xCAn.jpg
どう責任取るのか?比例順位巡る不満の声も

 衆議院選挙で振るわなかった希望の党は現在、小池代表と当選した議員らが両院議員懇談会を開いている。

 小池代表は進退についてはっきりとは明言せずに、今後は都政に専念し、人事など党運営を国会議員に委ねる考えを表明した。

 小池代表「党を立ち上げた責任を感じながら、一方で都知事という事実もございます。
私は都知事として都政にまい進をしてまいりたいと考えていますので、国政は国会議員の皆さま方にしっかりゆだねていきたい」

 また、小池代表は民進党から合流を希望する議員の一部を「排除する」とした自らの発言について
「政党は理念、政策が一致しなければいけないという点を強調したところ、
言葉が歩いてしまった責任をしっかりと刻んでおきたい」と反省の弁を述べた。

 さらに選挙の結果について「党の代表として良い結果をもたらすことができなかった責任を負わなければならない」と陳謝した。

 両院議員懇談会の詳細は明らかになっていないが議員からは小池代表の辞任を要求する意見が出たという。

 また比例代表名簿の順位を巡る不満の声も出ているほか、小池代表にどう責任を取るのかとただす議員もいるという。
ただ小池代表はこれには答えずただメモをとっているという。

 厳しい選挙結果を招いた小池代表に対して不満が渦巻いているのは間違いない。
離党しても簡単に民進党に戻るわけにも立憲民主党に合流する訳にもいかず行き場がないのが現実。

 こうした中、「曲がりなりにも希望の党として選挙の洗礼を受けたのだからまとまっていくしかない」との意見も出てきている。
来月1日に予定される首相指名選挙で誰の名前を書くのかなど決めなければいけないことは山ほどあるが、
選挙の傷も生々しい中で希望の党が落ち着くにはまだ時間が掛かりそうだ。

http://www.news24.jp/articles/2017/10/25/04376162.html

Read more…