<宇多田ヒカル>12年ぶり全国ツアー  離婚情報の“戦略と背景” ファンの飢餓感あおる手法、沢村 一樹、古閑美保

1 :Egg ★:2018/04/14(土) 12:54:28.03 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/f3RZbc9.jpg コラム【芸能界仕事術】

 先週末、宇多田ヒカル(35)の離婚が報じられた。宇多田といえば、言わずと知れた、日本のトップシンガー・ソングライターだ。

 2010年に“人間活動”を理由に無期限活動休止となった。自分で切符を買って電車に乗るといった普通の行動をしたいので……というわけだ。

 14年にイタリア人バーテンダーと再婚し、長男を出産。16年になってNHK朝ドラ主題歌をリリースして活動を再開したとされている。その流れの後、離婚が明らかになるのだが、その理由も時期もまったく不明のままとなっている。

 結婚生活がダメになっての活動再開か、活動を始めてスレ違いなどの理由で破局したのか、活動と離婚の関係などまったく判然としない。また、一部の報道では、宇多田が現在プロデュースしている若手男性ミュージシャンが新しい恋人なのではないかという話も出ている。

 で、こういう話について、宇多田というアーティストは極めて取材しにくく、確認ができない人物だ。

 思えば、デビューした後のファーストアルバムが、最終的に900万枚超えのセールスを記録し、化け物的な大ヒットで大スターとなった。その頃から父親の宇多田照實さん(69)がマネジメントをしていて、当時のレコード会社の担当役員のわずかな人が宇多田と直接、話をすることができるといった具合で、なかなか情報が出てこない存在になっていた。

■ファンの飢餓感あおる手法

 それは今も同じで、ロンドン在住ということになっているが、ニューヨークにもコンドミニアムを所有しているといわれ、日本を含めどこにいるのかさえ確定できない状況。情報がマスコミを通じて出てくることが極端に少ないということになる。

 これ、実は多くのファンのいる、ごく少ないタレントだけが使える、“ファンを飢えさせる”という高等テクニックだ。意図したものではなく、結果的にそうなっているのだろう。この“ファンを飢えさせる”という戦術は、例を挙げると、全盛期のSMAPがそうだった。

 通常、アーティストは年に一度、アルバムを発売してコンサートツアーを展開するのだが、SMAPはある時から毎年ツアーを行わず、コンサートのない年をつくった。他の仕事をそれぞれのメンバーが行っていることもあるが、5人が揃って歌うところを見たいファンはガックリ。その翌年にでもツアー開催すると、熱狂的にコンサートに殺到することになる。

 もちろん、超がつくほどの人気がなければ、忘れられるぐらいのリスクある手法だが、宇多田は自然にその手法を使っている。誰もが宇多田の楽曲が新たに出れば、気になって耳を傾ける存在なのだ。突然、名前が出た背景には何があるのか? 案の定、近く12年ぶりの国内ツアーを開催するそうだ。
(城下尊之/芸能ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年4月14日 9時26分
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_454799/

Read more…

ドバイワールドカップ、サガン鳥栖、財務省が文書改竄に至る背景が明らかに マスコミと野党のせいで連日徹夜、休み無しの激務が続いていた

1 :名無しさん@涙目です。:2018/03/28(水) 18:41:29.71 ID:qZHf0yQZ0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/V9rgbYN.jpg http://img.5ch.net/premium/1372836.gif
【衝撃】決裁文書書き換えが起きたのは理財局がマスコミに忖度したからだった

決裁文書の書き換え(改竄)が起きた不祥事について、財務省の太田充理財局長が経緯を説明した。なんと理財局が忖度した相手は安倍総理ではなくマスコミだった。
禁じ手がなぜ使われたのか、ようやく解明される。

太田充理財局長「自分の答弁が下手だと言われればその通りだと思っておりますけども、報道においては新聞においては字数、テレビであれば時間に限りがある中で、必ずしも本意が伝わっていない。
そういう報道を元に次の質問が始まるわけですから、そういうことを気にして決裁文書の書き換えをしてしまったと私共は認識しておるということです」

丸川珠代「職員の皆様がどのような状況で働いていたのかということをお話頂けませんか?」
太田充理財局長「平日、国会の答弁があるときは基本的には完全に徹夜。週末も作業をしていたと思います。1年前も同じかは申し上げられませんが、現在の状況は私がよく存じ上げております。
答弁は朝までかかって、週末もほとんど全部出勤しております。私は今国会が始まってから休んだのは風邪をひいた2月の3連休の1日だけでございます」
丸川珠代「何十人もが2ヶ月あまりに渡って家に帰れない状況で、省内に泊まり込みをしていたと伺っております」

もちろん文書の書き換えは行ってはいけないことだと分かっている。だが職員らは疲れ果て、過労死を目前にして文書を書き換えることで楽な方向に逃げようとした。
いや正確には生きるためにはそうせざるを得なかったということだろう。

http://netgeek.biz/archives/115384
※動画有り

関連
【佐川氏証人喚問】詳報(3)丸川珠代氏「『特例』とは官邸や昭恵夫人、政治家の関与のことか」 佐川氏「そうではございません」
佐川氏「丁寧さを欠いた理由には、当然、お叱りを受けると思いますが、当時、本当に局内、私も含めて、連日連夜、朝までという日々でございまして、
本当に休むこともできないような、月曜日から金曜日まで毎日ご質問いただいている中で、そうした余裕はなかった。
お叱りを受けるのは重々承知でございますが、全くそういう余裕がなかったというのが、実態でございまして、申し訳ございません」
http://www.sankei.com/politics/news/180327/plt1803270048-n1.html

Read more…

井上慶太、サウジアラビア、なぜ商業・工業高校は甲子園から消えた?背景に受験偏差値の上昇 野球名門校の今

1 :ばーど ★:2018/03/26(月) 13:31:41.15 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/13meicL.jpg  センバツ甲子園が開幕し、球児たちの熱戦が連日繰り広げられている。今年は春が90回、夏が100回の記念大会を迎える節目の年だ。その長い歴史の中で、数々の名勝負を演じてきた商業高校が甲子園から姿を消しつつある。現場では、何が起きているのか。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がリポートする(文中敬称略)。

 * * *

 愛媛県立松山商業(以下、松商)──。甲子園の出場回数は春夏通算42回を数え、全国制覇は夏5回、春2回を誇る。無類の強さを誇った夏の戦いの印象から“夏将軍”の異名を持つ野球部は、準決勝に進出した2001年夏以降、甲子園からは遠ざかり、昨今は済美、松山聖陵といった私立の後塵を拝している。監督を務める重澤和史は、長期にわたる低迷の理由をこう語る。

「全国的に大学進学希望者が増えていることで、松商でも進学率は9割を超えています。すると女子生徒の入学が増え、入試偏差値も上がっていく。松商で野球をやりたいという中学生がいても、合格しづらい状況にあるんです。公立高校ですから、特待制度もありませんし……」

 球史に商業高校の栄光あり──。かつては松商を筆頭に、高松商業(優勝は春2回、夏2回)、徳島商業(春1回)、高知商業(春1回)の「四国四商」や広島商業(春1回、夏6回)などが甲子園を席巻した。しかし、2年前のセンバツで準優勝を飾った高松商業を除き、いずれの高校も松商と似た境遇に置かれている。

 23日開幕のセンバツでも、出場36校の中で、公立の商業高校は、富山商業のみ。さらに工業高校も21世紀枠で出場する由利工業(秋田)だけだ。一方で、四国から出場するのは松山聖陵に明徳義塾、高知、そして英明とすべて私立である。

 全国で弱体化する商業高校の象徴が、松商であろう。かつては3学年あわせて1800人の生徒がいたマンモス校も、少子化の流れには抗えず、現在の生徒数は1060人。野球部全盛期は男女がおおむね同数だったが、現在は女子が7割を占める。

「昔は松商野球部が、いわば愛媛県のオールスターチームだった。現在は、選手が分散していますし、良い選手がいたとしても、中学2年生の頃には私立への進学が決まっていることもある。(推薦入試の条件となる)中学3年の成績が分からないのだから、公立校は太刀打ちできません」

 松商野球部のOB会長を務めた経験を持つ御手洗健は、重澤を激励しながら、現在の松商に足りないピースを「四国のダルビッシュ」と語った。

「四国の学校が勝ち上がる時は、圧倒的な投手がいた。最近だと西条の秋山拓巳(現・阪神)、済美の安樂智大(現・楽天)がそう。ただ、良い選手を獲りにいこうにも、成績の評定平均が2コンマいくつとかで……これじゃあどうにもならん」

 やはり受験偏差値上昇が低迷の大きな理由だと口を揃える。それだけ選手の勧誘に苦心しているのだろう。

 就任10年目の重澤は松商OBではなく、今治西高校の卒業生である。松商の歴史の中で、初めての外様監督だ。それゆえ50人以上のプロ野球選手を輩出している松商OBからの、重澤に対する風当たりは強い。

「責任を感じています。『これは松商の野球じゃない』『監督を辞めろ』と言われることもあります。それも仕方ありません。勝てていませんので。もしOB会が後任を見つけてくるようなことがあれば、私は意向に沿いますし、すべては校長に一任しています」

 松商の玄関前には1986年夏の甲子園で準優勝した際の記念碑が立てられており、メンバーの名前と共に、作詞家の阿久悠がスポーツ紙に寄稿した「甲子園の詩86」が刻印されていた。冒頭の一節を引用する。

《怪童もいなければ 天才もいない 大器もいなければ 逸材もいない 目を見はる幸運児も 特別のツキ男もいない 一人一人が一人一人の役を果たしながら 巨大な歯車を回す》

 松商のナインは毎日、阿久悠の詩を暗唱し、練習に臨む。重澤は言う。

「この詩にある野球こそ、松商の野球だと思うんです。今年の夏は甲子園が100回大会を迎えます。松商に出てもらいたいと思ってくださる方がたくさんいる。是非とも出場したい」

※週刊ポスト2018年4月6日号

2018年3月26日 11時0分
NEWSポストセブン
http://news.livedoor.com/article/detail/14485631/

Read more…

フジテレビ「月9」視聴率不振、背景に“らしさ”の呪縛も 「極悪がんぼ(2014年)」あたりから始まる不振、東京、ワンセグ

1 :ばーど ★:2018/03/23(金) 10:57:04.19 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/jE0CyTa.jpg フジテレビの月曜21時台の連続ドラマ枠『月9』で、1月から放送されていた芳根京子主演『海月姫』が3月19日に最終回を迎えた。視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)は5.8%に終わり、全話平均視聴率は1987年4月から始まった同枠で最低の6.1%を記録した。
.
2016年以降、『月9』で全話平均視聴率が2ケタを超えたのは2017年7〜9月期の『コード・ブルー 3rd』のみ。かつての高視聴率枠の苦戦が続いている。テレビ局関係者が話す。
.
「最近の『月9』は初回の視聴率から低い。『海月姫』は8.6%、昨年10〜12月期の『民衆の敵』は9%と1ケタ。つまり、最初から視聴者に期待されていないんです。この不振を分析すると、2014年4〜6月期の『極悪がんぼ』あたりから始まっているのではないでしょうか」
.
尾野真千子主演の同ドラマについて、当時フジは〈“キラキラ”ではなく“ギラギラ”、“キュンキュン”ではなく“ハラハラ”する“裏社会”エンタテインメント〉〈こんな月9見たことない!!!〉と謳っており、恋愛ドラマのイメージの強かった枠の転換を図る試金石となる一作だったことがっわかる。
.
「この全話平均視聴率が『月9』初の1ケタ(9.9%)になってしまった。内容的には評価する声もありましたが、やはりテレビは数字で判断されてしまう。その後、『月9』はやはり恋愛モノじゃなければダメだという空気になってしまいました。過去の栄光が眩しい分、1回の失敗に敏感になってしまうんです」(同前)
.
たしかに『月9』と言えば、『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』(ともに1991年)、『ロングバケーション』(1996年)など恋愛ドラマのイメージが強いが、1987年のドラマ枠スタート当初は決してそんなことはなかった。芸能記者が話す。
.
「当時はマスコミ業界を題材にする、いわゆる“ギョーカイドラマ”ばかりでした。1作目は岸本加世子の『アナウンサーぷっつん物語』でしたし、その後も田原俊彦と野村宏伸の『ラジオびんびん物語』やとんねるずの『ギョーカイ君が行く!』などが続きました。本格的な恋愛路線は1988年1〜3月期の『君の瞳をタイホする!』(陣内孝則、浅野ゆう子など)が起源になります。ただし、この後恋愛ドラマが続くわけではありませんでした」

1988、89年は「榎本!」「せんぱ〜い!」という田原と野村のコンビが話題を呼んだ『教師びんびん物語』が大ヒット。最終回で『月9』初の視聴率30%越えを果たした『教師びんびん物語II』の次に始まった1989年7〜9月期の恋愛ドラマ『同・級・生』(安田成美、緒形直人)は全話平均視聴率14.5%と伸びず、まだ『月9=恋愛モノ』というイメージは確立されていなかった。前出のテレビ局関係者が指摘する。
.
「テレビに限らない話かもしれませんが、スタッフが『〜らしさ』『〜らしくない』と言い出し始めると、番組は良くない方向に行きがちです。実際、『極悪がんぼ』のあとは『月9らしい恋愛モノ』が多くなっていますが、数字はさらに悪くなっている。『月9らしさ』にこだわっている間は、視聴率を回復させるのは難しいのではないでしょうか。スタッフはどうしても目先の視聴率を欲しくなる。上層部が『長い目で見るから好きにやれ』と言ってくれると心強いと思います」
.
始まりは決して恋愛ドラマではなかった『月9』。“らしさ”の呪縛からの解放が復活への第一歩かもしれない。

3/23(金) 8:48
NEWS ポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00000006-pseven-ent&p=1

Read more…

選抜高等学校野球大会、前頭、たけし、独立騒動の背景で東京五輪の演出オファーも辞退か

1 :久太郎 ★:2018/03/20(火) 11:14:43.86 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kCXK9nz.jpg 「独立のウラには、やはり愛人といわれる女性・Aさんの存在がとても大きいんですよ」(芸能プロ関係者)

 ビートたけしが、自身が立ち上げた事務所・オフィス北野を3月末で退社し、4月からは新事務所『T・Nゴン』を立ち上げ、そちらを拠点に活動していくという。

「オフィス北野の森昌行社長によると、たけしさん自身から、“軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい”との申し出を受けたそうです」(スポーツ紙記者)

 たけしとともにオフィス北野を設立した森氏は、もともと番組制作会社に勤務しており、’80年代の漫才ブームのころからたけしと苦楽をともにしてきた仲だ。

「今回の新事務所は、たけしさんが森さんに対して“ビジネスパートナー”と説明しているAさんと共同で作ったものです。Aさんは’14年に初めて報道されて以来、たびたび“たけしの愛人”と報じられている女性なのです」(前出・芸能プロ関係者)

 Aさんについては、弟子である『たけし軍団』の面々も頭を抱えていたという。

「独立にあたって、軍団メンバーからの引きとめもかなりあったそうです。それでも彼は制止を振り切って、独立の道を選んでしまった。関係者からすれば“殿”と崇めるたけしさんを、Aさんに取られてしまったという思いが強いでしょうね」(同・芸能プロ関係者)

 たけしには軍団とともに、もうひとつ太い縁がある。それは’83年に結婚した4歳年下の幹子夫人の存在だ。

「たけしさんは、Aさんと出会うまでは、奥さまと別居こそしていましたが毎週、金曜日は必ず一緒に食事をすることを夫婦のルールとしていました。しかし、彼女と出会って以降は、その食事の回数も少なくなってしまったようですね」(同・芸能プロ関係者)

 今回の独立で、離れてしまった夫婦の距離がさらに広がりそうだという声も。

「たけしさんの給料は、オフィス北野から彼にではなく、1度奥さまに振り込まれる形になっていました。

 そのお金の大部分に加えて、これまで稼いだお金や、都内一等地にある豪邸まで奥さまに渡す準備をしているとか。これからは、すでに同棲中と報道されているAさんとともに生活していくつもりなのでは……」(同・芸能プロ関係者)

 たけしはテレビ番組以外にも、“映画監督・北野武”として数多くの大ヒット作を世に出してきた。その映画の製作にも暗雲が立ち込めている。

「たけしさんの映画は、初期を除き多くがオフィス北野による製作、配給です。森社長がプロデューサーとして製作費の捻出など大変な尽力を重ねたからこそ、多くの作品を作ることができた。

 しかし、独立により、今後は同じ製作スタッフやキャストで作っていくことが難しくなってしまうでしょう。これまでの北野映画はもう見ることができないということです」(同・芸能プロ関係者)

■映画制作も、五輪演出も……

 テレビでは辛口の意見をズバズバ言うことでおなじみのたけしも、もう71歳。“大きなもの”を背負うことに疲れてしまったのかもしれない。

「昨年末に開催された『報知映画賞』で、たけしさんは坂本龍一さんと18年ぶりに対面しました。

 坂本さんがたけしさんにニューアルバムを渡したことなどが報じられましたが、その裏で’20年に開催される東京五輪の演出オファーに関して、ふたりで“俺も断った”と盛り上がっていたんです」(広告代理店社員)

 あれだけやりたいと言っていたのに、どうしちゃったの? やはり“映画も五輪もやらない”と老い支度を始めたということなのか……。

 北野映画の今後と五輪演出の件について、オフィス北野に話を聞くと、

「映画に関しましては白紙の状態です。引き継ぎなども多く手が回っていません。

 五輪については、坂本さんがそのような話をされていたことは事実ですが、北野に対し事務所にそういった正式なオファーが来ていませんので……」

 このまま愛人とともに第一線を退いてしまうのは、あまりにも寂しい。“たけし”を、“武”を、そして“TAKESHI”を求めるファンはまだまだ世界中に多くいるはずだからーー。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0320/sjo_180320_5097011683.html

Read more…