・返納が終(´▽`人‘▽’)、民進党の中妻穣太板橋区議「「ブーメランパヨク」と言われない為に、立憲民主党が今から取り組むべき5原則」

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Yra3CxD.jpg
「ブーメランパヨク」と言われないために、立憲民主党が今から取り組むべき5原則

立憲民主党の一次公認候補リストが発表になりました。

第48回衆院選 立憲民主党候補者一覧
http://hajimetesenkyo.com/category6/entry151.html

この厳しい中立ち上がった予定候補者の皆様には、心からの敬意を表します。
ただ、この立憲民主党に寄せられている懸念もあります。
敢えて侮蔑的な表現を使いますが、「パヨク」扱いされてしまう懸念が存在します。
先日の記事「「立憲民主主義」の反対語は?」でも述べた通り、立憲民主主義を
奉じるのは近代国家であれば当然であり、保守・リベラル、右翼・左翼といった
主義主張とは関係ありません。
また現在の論調の中では、保守・リベラル、右翼・左翼の本来的意味はだいぶ
あやふやになっており、単なるラベリングとしてしか機能していないとも感じられます。
なので、敢えて「パヨク」と言ったほうが誤解がないように思います。

この呼び方をされる際の、一定のイメージというものがあるわけです。
なんでも反対、足を引っ張るばかりで生産性がない、与党としての実行力や責任感がない、
追及するときは声高なのにすぐ「ブーメラン」で返ってきて、自分のこととなるとてんで
甘い。。。
せっかくの新党です。
立憲民主党をゆくゆくは政権交代を狙える政党に成長させようとするなら、今から
「原則」を定めてそれを守り、広範な国民からの信頼を積み重ねていけるようにする
べきだと思います。
大変僭越ながら、私としては以下の「5原則」を提案します。
(略)
http://www.huffingtonpost.jp/jouta-nakatsuma/boomerang-left-wing-cdp_a_23236079/

Read more…